海外投資初心者向けに、海外FXの利用手順やポイントを解説

はじめての海外投資は海外FXではじめよう!

海外FXは、だれでも簡単にできます。

「え、ほんとに?」
「でも、あやしくない?」

たしかに、その気持ちもわかります。

しかし押さえるべきポイントを押さえれば、国内FXよりも低リスクかつ簡単に始めることが可能です。

本記事は、海外投資初心者の方や海外FX初心者の方向けの記事となっております。

まず記事の前半では、海外FXを始める前に最低限押さえるべきポイントと海外FXの始め方をご紹介。

そして記事の後半では、海外FX業者を選ぶべきポイントを解説しています。

この記事を読むことで、初心者でもスグに海外FX投資を始めることが可能です。

それではみていきましょう!

海外FXを始める前に最低限知っておくべきポイント3選

海外FXを始める前に最低限知っておくべきポイント3選

これだけは押さえておきたいポイントを、下記3つに厳選してお伝えします。

  1. 最大レバレッジは3,000倍
  2. 追証がない
  3. 信託保全がない

それでは解説していきます。

最大レバレッジは3,000倍

レバレッジに制限がない

海外FXはレバレッジ制限がないため、少ない資金でもより大きな金額の取引ができます。

たとえば、手元に1万円の資金があると仮定します。

レバレッジが100倍の場合、1万円の資金でも100倍の100万円分の取引が出来ます。

この場合、為替レートが1円上昇しただけで、その価値は101万円になります。

つまりこの瞬間に利益を確定すると、1万円の利益ということになります。

このように海外FXでは手元の資金が少ない状態から、大幅に資金を増やすことも可能です。

レバレッジとは?
レバレッジとは、「少ない力で、より大きな結果を生み出す。」ことです。

日本ではこのレバレッジに制限があり、25倍までしかかけられません。

しかし海外FXでは制限がないため、最大3,000倍までレバレッジをかけられる業者もあります。

追証がない

追証がない

海外FXは、追証がありません。

なぜなら、入金額以上に損失が出ないシステムを導入しているからです。

つまり、相場の急激な価格変動により、借金を抱えることはないということです。

追証(追加証拠金)とは?
追証とは、「取引の損失により入金した保証金が不足したときに、追加で発生する保証金」のことです。

日本のFXでは、入金額に対して一定の割合を下回ると追証が発生します。

しかし海外FXは、ゼロカットシステムを導入しているため、入金額以上の損失はありません。

信託保全がない

信託保全がない

海外FXには信託保全がないため、もしもFX業者が倒産したときには入金したお金は返ってきません。

しかし信託保全の代わりに保険契約している業者もあり、業者が倒産した際にも一部入金額が補償されるところもあります。

信託保全とは?
信託保全とは、「もしも業者が倒産した場合は、信託管理会社が投資家へ返金する体制」のことです。
日本のFXでは信託保全がありますが、海外のFXでは義務がありません。

海外FXのはじめ方

海外FXのはじめ方

それでは海外FXのはじめ方を下記の順に出金するところまで解説していきます。

  1. 海外FX口座を開設
  2. 取引資金の入金
  3. 取引ツールのダウンロード
  4. トレード開始
  5. 取引資金の出金

それではみていきましょう!

海外FX口座を開設

海外FX口座を開設

まずは、海外FX口座を開設します。

海外FX業者の申込みフォームを記入し、必要書類をアップロードします。

日本語対応サイトであれば、とても簡単なので2~3分くらいで完了します。

取引資金の入金

取引資金の入金

口座の開設が完了したら取引に必要な資金を入金します。

入金方法で一番オススメなのはクレジットカード入金です。

クレジットカードなら即座に口座に反映されるほか、手数料もかかりません。

銀行口座からの入金の場合、口座に反映までの日数が2~5日がかかるほか、手数料がかかってしまいます。

取引ツールのダウンロード

取引ツールのダウンロード

口座への入金が完了したら、次は取引ツールのダウンロードです。

海外FXの取引には、「MT4」というツールが主流になっています。

トレードに必要なツールをダウンロードしたら取引が開始できます。

トレード開始

トレード開始

いよいよトレード開始です。

FXトレードの基本は、外貨の価値が上昇すると思えば買う、価値が下落すると思えば売りになります。

たとえばドルを100円のときに買って、110円のときに売れば儲けになります。

逆にドルを100円のときに売って、90円のときに買い戻しても儲けになります。

このように、外貨の価格差で儲けを出すのがFXです。

取引資金の出金

取引資金の出金

利益が出たら出金しましょう!

出金方法は、クレジットカードで入金した場合はクレジットカードから出金できます。

しかし、入金額以上に儲けが出た場合は、銀行送金しなければならないので注意が必要です。

はじめて海外FX業者を選ぶときのポイント3選

はじめて海外FX業者を選ぶときのポイント3選

はじめての海外FX業者を選ぶために重要なポイントを下記3つに厳選しました。

  1. 日本語対応あり
  2. 新規口座開設・入金ボーナスがある業者を選ぶ
  3. 最低入金額が低い業者を選ぶ

それではみていきましょう!

日本語対応あり

日本語対応あり

海外投資がはじめての方で語学の不安を抱えている方は、多いのではないでしょうか。

日本語対応のある業者であれば、万が一のトラブルにも冷静に対応できます。

サイトの日本語対応はもちろん、日本人スタッフが在籍していることや日本語でチャット対応してもらえる業者だと安心ですよね。

新規口座開設・入金ボーナスがある業者を選ぶ

新規口座開設・入金ボーナスがある業者を選ぶ

海外FX業者の中には下記のように、入会キャンペーンを実施している業者があります。

  • 口座を新規開設するだけで証拠金がもらえる
  • 口座に入金するだけで入金額に対して証拠金がプラスで入金される

はじめて海外FX業者を選ぶ方にはとっておきのキャンペーンですので、ぜひチェックしてみてください。

最低入金額が低い業者を選ぶ

最低入金額が低い業者を選ぶ

海外FXは業者によって、取引に必要な最低限の金額が異なります。

最低入金額が2000ドルのような高額の業者もありますが、中には1ドル~取引できる業者もあります。

はじめてだからどんな感じかとりあえず使ってみたいという方には、最低入金額が低い業者がオススメです。

はじめての海外投資には海外FXがオススメ

はじめて海外FXにピッタリな業者はXM

いかがでしたか?

はじめての海外投資で海外FXを選ぶ最大のオススメポイントをまとめると下記の3点になります。

  1. 少ない資金でもレバレッジを大きくかけられる
  2. 追証がない
  3. 新規口座開設のみで証拠金がもらえる

なのでまずは、口座開設からはじめてみてはいかがでしょうか。