海外不動産投資についての詳細

海外不動産投資についての詳細

不動産投資は営利目的としてアパートやマンションの所有権を購入することです。

そんな不動産投資において近年需要が伸びているのが、自国内のアパートやマンションの所有権を購入するのではなく自国の資産を使って海外の不動産を購入する海外不動産です。

そこで海外不動産投資に興味を持っている人に始め方だけでなく、実際に行った後に生じるメリットやデメリットを紹介します。

海外不動産投資の始め方

海外不動産投資の始め方は、日本国内で購入するか海外に直接赴いて購入するかの2択になります。

日本の不動産企業の中には海外の不動産企業と提携することで、現地に赴かなくても日本国内から提携している海外の企業が持っている不動産を購入できるようにしているところがあるのです。

そこで海外の不動産を所有している企業に連絡をして説明を聞いて納得したうえで専属契約をし、販売している商品プランから物件の所有権を購入するという形になります。

ただこの方法だと海外に対して投資をする形なので、どうしても様々な手続きが必要になるため購入費や仲介手数料などの初期費用が割高になるのが難点です。

そんな手間をかけたくないのであれば、直接海外の不動産企業と提携をして物件を直接購入するのも手です。

海外不動産投資のメリット

海外不動産投資のメリットは高い利回りと単独の通貨を持つことによるリスク分散です。

高い利回りについては、日本国内で不動産投資をしても安定した利益は見込めますが高度成長期の時代と違い人口の数や土地価格は横ばい状態のため多くの利益を求めることは難しくなっています。

成熟した日本国内ではなく、例えば長年紛争状態だった国が平和路線にかじを切るもしくは国内の経済を活性化させるために独自の経済対策や国際市場を開放したりする国に投資をすると話は違います。

これらの平和路線にかじを切ったもしくは国際市場に開放した国々というのは、治安が安定していない発展途上国から治安が安定し発展が望める新興国になります。

治安が安定すればいろいろな国々から投資を受けられるので経済が安定し、治安と経済が安定すれば比例して人口も増えます。

不動産投資は購入した所有権の一部を売却することで利益を得るものなので、当然ですが物件が売れなければ利益につながらないです。

新興国となって人口が増えれば、それだけ住む場所の需要が高まるので購入した物件の所有権の売却できる確率が増えることになります。

次にリスク分散というのは、投資の世界にとって一つの資産運用だけでやりくりをするのは危険な事として認知されています。

それは国の根幹が揺らぐほどの多額の経済損失が生じてしまった時に、一つの資産だけで運用していると損失の流れを受けることで一気に消失してしまい価値がなくなる可能性があるからです。

そこで国内の不動産投資だけでなく自己資産の半分を海外不動産投資に回すことによって、仮に国内で根幹が揺らぐほどの経済損失を被った場合でもダメージを軽減することが可能になります。

海外不動産投資のデメリット

海外不動産投資のデメリットは融資条件の難しさと不動産情報の不確定要素と法律です。

融資条件の複雑さというのは、実際に不動産を購入する場合会社経営が好調で多額の資産を持っているのであれば一括購入も可能といえますが基本は銀行からお金をローンとして借りて運用する形になります。

日本人が日本国内の銀行に融資を頼むと、仕事先や戸籍をしっかりと調べれば簡単に身元が判明するので融資を受けられる確率は高いです。

海外不動産を利用するということは、その国の銀行から融資を受けて購入する形になります。

しかし銀行にとって身元を調べるのが難しい人間に投資するのはリスクが大きいので、海外の銀行では申請時に複雑なルールを課すことによって簡単には融資しないようにしています。

仮に融資が可能な銀行を見つけることができても、海外によって融資金額の上限や借りた際に返済する金利額が多い場合があるので損失の方が大きくなる場合があります。

不動産情報の不確定要素というのは、不動産企業も予め実際に海外に土地があることを認識したうえで購入はしています。

しかし国内と違い海外の情報をくまなく入手するというのはとても難しく、企業によっては最新であっても入手した情報が1週間前だったりすることがよくあるのです。

もしその1週間の間で海外で問題が起きた時に対処ができないので、せっかく購入したのに現地に行ってみれば何もない更地になっていたなどが実際に起こりうるのです。

日本国内の不動産を取り扱う法律と海外の法律には相違があります。

その相違をしっかりと理解していないと、実際に購入した後に不利益を被ることがあるのです。

そのため海外不動産の始め方にも言いましたが、実際に購入する前には販売する企業のセミナーで法律の違いによるリスクの勉強してから行うとリスクが少なくなります。

海外不動産投資には相手国のルールを覚えておこう

海外不動産投資は高い利回りが魅力な点なのですが、その代わりに法律の違いや情報の不確定さそして融資条件の難しさがあります。

そのため始める前にはセミナーや本などを活用して勉強してから購入するのが望ましいです。

勉強する時間がないのであれば、不動産を購入する金額の用意だけでなく契約料を支払って海外不動産に精通しているファイナンシャルプランナーと契約するとカバーしてくれるのでお勧めです。