てるみくらぶ騒動から考えたこと


2017年03月25日

てるみくらぶ騒動から考えたこと

応援クリックいつもありがとうございます!


人気ブログランキングへ  
 

 今朝、ネットニュースで取り上げられていた

 旅行会社てるみくらぶの発券トラブル問題。


 旅行代金を支払済であったにも関わらず、出発当日、

 空港でチェックインしようとしても、発券できない。


 また、一部の報道では、現在、海外旅行中の顧客の

 中には、渡航先の現地ツアーや送迎が利用できなく

 なっているといった事態も発生しているようです。



 ショー自身、てるみくらぶという社名さえも知らず、

 当初はマッサージ屋さんと勘違いした位だったのですが(笑)、

 旅行会社、特に中小のところでこの種のトラブルが起きるのは

 そうそう珍しいことではありません。


 数年前、バンコク在住の日本人に有名だった旅行代理店でも、

 支払済の航空券が利用できず、結局、廃業となり、それなりの

 騒動になったこともありましたし。



 でも、てるみくらぶについて、ショー自身かなり引っかかった

 のが、現金一括前払い、という点。



 ここ数年、航空券をネットで購入するのに、現金(振込)を

 したのは、一部のLCCで1回行っただけで、あとはすべて

 クレジットカード決済だったからです。


 まだ全容は解明されていませんが、現金一括だから激安に

 なる、というのは、全く腑に落ちません。



 そもそも、航空券もホテルも現地ツアーも極めて薄利な商売

 であるのが基本です。



 もともと、利が薄いものをさらに値引くとしても、限度が

 ある筈。



 それが、例えばビジネスクラスのチケットが半額未満に

 なるというのは、さすがに、”そこまでする”合理的な理由が

 あると考えるべきなのではないかと思います。



 ここで、話しは全く変わるのですが、思い出したのが、

 バンコクで経験した複数のレストランでの出来事。


 これは、お客さんにとっては詐欺でも何でもなく、メリット

 のある話しなのですが、会計時、利用明細を挟む”板”に、

 ”現金支払の場合、5%ディスカウントします”という表示が

 ありました。


 最初は、カード手数料分を顧客に還元するのかな、位にしか

 思わなかったのですが、そこはけっこうな規模なレストラン。


 タイのレストランがカード会社に支払う加盟店手数料は、

 規模により上下するとは思いますが、たいてい、日本よりも

 低率で3%程度が多いです。



 となると、カード手数料よりも大きな値引きをしたら、

 店が損すると考えるのが自然。


 でも、そこには理由がある筈だとして思いついたのが、

 入金サイト。


 かつて、ショーが日本に住んでいた頃の入金サイトは

 2週間後とか1ヶ月後が多いと聞いていましたが、こちら

 タイでは売上翌日にはすぐに入金するカード会社があります。

 特に大幅な手数料が取られるわけではありません。



 となると、入金サイトの点でもメリットがあるとは

 考えにくい。



 最終的に結論(といっても、検証できる事ではないので、

 仮説レベルでしかないですが、、、)として導き出した

 のは、納税上の事だろうな、という事でした。


 タイの税務署でとにかく厳しいのが、付加価値税の納付。


 売上の7%を毎月きっちり支払わないといけないのですが、

 仮に売り上げの100%がクレカだったとすると、全く、

 ”加減”しようがありません。


 そこが、現金だと、多少は”やれる(笑)” ということで、

 現金ディスカウントをしているのではないか?



 検証していませんが(出来ないですし)、こう考えるのが

 自然ではないでしょうか。



 日本の旅行会社とタイのレストランで、全く違う話しを

 取り上げましたが、ここで言いたいのは、何か不自然だな、

 とか、これって合理性があるの? と疑問に思う事には、

 必ずその理由がある、という事です。


 法令に触れない限り、サービスの利用者としては、その

 取引で得をするだけなら構いませんが、裏に大きなリスクが

 隠れているか、自分で考えてみるのは必要ですね。



 

  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「ハゲタカ2(上)」を読んでいます。


  東芝やシャープが問題になっていますが、数年前の

  時点で今の状況を小説として描いているのは何とも

  感慨深いです。


  エンターテイメントとして描くには、”さすがにここまでは

  ないだろう(大きな会社が潰れる筈がないだろう)”という

  位でないとダメなのですが、数年後にはリアルになってしまう

  という現実。


  これからも、ありえない、と思われていた事が色々起きるので

  しょうね。

 

    

今日の運動


  膝に痛みを感じるので、ランは休み。

  その分、電車を使わず、出来るだけ歩くように

  していますが、汗だくで大変です、、、



今日のシガー


  COHIBA  LANCEROS

    

    先日、NHKでハバナ旅行の番組が放映されていましたが、

 フィデル カストロやチェ ゲバラがシガーを咥えている

 写真を見ると必ず思い出すのが、このランセロス。


 細長くクラシックな形状で、熟練の巻き手でないとうまく

 造れないのです(吸い込みがきつすぎて、吸えたものではなくなる)。



 とびきりのディナーの後、食後酒と共にゆったりと味わう

 べき逸品と思います。




てるみくらぶ騒動から考えたことへのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sendai1171317/49730725