日銀の姿勢が明らかに変わった?


2016年09月20日

日銀の姿勢が明らかに変わった?

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 7月の日銀政策会合で発表された9月会合での総括検証。



 これをめぐって、諸説入り混じって、様々な予測がなされて 

 きたのですが、為替相場の動きを見ている限り、何となくでは

 ありますが、おおまかなコンセンサスは形成されているように

 感じます。



 とにかく、7月までは、会合が近づくにつれ、日銀本体という

 よりは官邸筋からのリーク記事でひたすら追加緩和の方向での

 観測記事やアドバイザーのコメントが出され、でも、結局、

 発表後には失望売りにさらされることが繰り返されてきました。



 これはひとえに、黒田日銀のサプライズ戦術によるものでした。



 特に2月の会合の際には、直前まで否定してきたマイナス金利

 政策を導入して、相場が大混乱しました。



 発表直後には大きく円が売られたものの、結局、そこが

 絶好の売り場となり、かえって円高が進んでしまった。



 マーケットの反発を招いたということです。



 これが、8月半ば以降、かなりテクニカルで詳細な

 新聞報道がなされるようになってきました。


 イールドカーブのスティープ化、大雑把に言えば、

 あまりに低くなってしまった長期金利を修正すると

 いったテクニカルな内容は日銀サイドからでないと

 出てこない情報だと思うのが自然。



 これは日銀自体のリークだと考えて良いと思っています。



 明らかに、これまでのサプライズ戦術から、米国式の

 フォワード ガイダンス的な、市場に徐々に織り込ませて

 いくオースドックスな手法に変わってきています。



 誇り高い中央銀行が、自らのコミュニケーション術を

 反省総括することはまずないと思います。



 でも、現実的に更なる追加緩和策が限られている中で、

 市場コミュニケーションを見直してきた事にはかなり

 注目しているところです。



 いずれにしても、明日の正午以降、市場がどう反応

 するか、しっかり見届けたいと思います。


  



   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「グリード」真山 仁 著

  下巻に進んでいます。


  人間の欲というものには際限がなく、

  実にコントロールが難しいものだという

  ことを再認識させてくれます。


   

今日の運動


 ランと腹筋をやりました!

 



今日のシガー


 H.UPMANN SIR WINSTON


   ロメオのチャーチルはラストネームで、サー ウィンストンは

 ファーストネーム。何とも愉しいネーミングです。


 ロメオがビートルズなら、サーウインストンはストーンズと

 いったところでしょうか。



 自分のつたない経験では、ロメオは常に安定した品質で

 期待を裏切らない一方、サーウインストンはかなり荒荒しい

 のですが、そんな中でも高貴な味わいが滲み出てくることも

 あるという、ワクワク感があります。


 90分のスモーキングタイムの間、変化する味わいが

 とても魅力的です。


   



 
日銀の姿勢が明らかに変わった?へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sendai1171317/48488076