2016年02月29日

G20声明で市場に安心感?

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 週末のG20が閉幕し、共同声明が出されました。


 詳細な解説は、沢山のメディアで流されていますから

 省略しますが、ショーが感じたのは、



 まるで、ダメ会社の年頭所感みたいなもんだな



 ということでした。辛口ですが、、、



 ”あらゆる政策を行う”といった抽象的なメッセージが多く、

 例えば、”急激な市場変動の際には、○○をする”と

 いった具体策は出されませんでした。



 辛口な、ダメ会社の年頭所感、ですが、実際、ショーがかつて

 勤務していた会社で経験したのは、



 

 ”日本一を目指そう”




 というものでした。



 日本一って何を日本一なのか?


 売上日本一としても、どのカテゴリーで日本一なのか?

 利益率なのか、販売個数なのか? さっぱり判りませんから、

 ショー達ヒラ社員の間では、



 ”押し売り、ごり押し日本一なんじゃないの?”



 といった冷ややかなジョークが飛び交ったくらいでした。



 

 確かに、中国に対してはそれなりの牽制球が投げられましたが、

 これはG20前から米政府高官がコメントしていた事でもあり、

 驚きは無し。



 むしろ、驚きだったのは、



 ”為替に大きな影響を与える政策を取る前には、G20に事前通告する

 ものとする”



 という内容。



 これですと、為替介入はもちろんの事、日銀の更なる金融緩和を行う

 際にも事前通告しなければいけない、ということになります。



 仮に日本が、”金融緩和は円安誘導が目的ではない”と主張しても、

 金融緩和したら為替に影響を与えることは明らかであり、ダマテンでは

 やりにくいでしょう。



 そうなると、黒田総裁が得意としている、サプライズ作戦がやりにくく

 なりますし、じゃあ、事前通告したら?



 ここからは妄想の世界ですが、大統領選挙前ということもあり、

 ドル安誘導したい米国政府側が、回転ドアで繋がっているファンド勢に

 情報を渡して、なんてことも考えてしまいます。



 前回の日銀政策会合の公表直前に、日経を通じてフライング報道された

 日本が、アメリカに抗議もできないでしょう。



 いずれにしても、G20が終わり、まだアジアマーケットを消化した

 ばかりですから、完全な総括をする段階ではないですが、日本の新聞の

 中で極めて無邪気に、



 ”G20での合意により、市場には安心感”



 と報道していたのは、極めて無邪気か、それとも、日系の証券会社と

 紐ついている記者のサービス記事だろう、位にしか、考えられません。



 

    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


  「乱気流」高杉 良 著

  を読んでいます。

  

  ズバリ、日経新聞が舞台で、素晴らしく生々しく

  面白過ぎです。



今日の運動


   今日は人間ドックでお腹が張ったので、お休み。

  サウナのみ。

   

 

今日のシガー


 MONTECRIST  EDMUNDO

   モンテクリスト エドムンド


 これまた、香港のショップで2012年の少し

 旧めのものを分けてもらいました。



 世評はそれほど高くないエドムンドですが、ショーは

 かなり好きです(シガーは極めて個人的嗜好品と思います)。


 軽く炒ったコーヒー豆、ムスクのニュアンス。


 そして、吸い込みのスムーズさ。


 良く出来たシガーだと思います。



   

Posted by sendai1171317 at 20:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月28日

今の環境に感謝を忘れない

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  



 20年前、仙台で働いていた時に公私両面で

 親しくしていた友達がバンコクに来ていました。



 自宅に遊びに来たので、一緒にサウナとプールに

 入った後、テラスでコーヒーとシガーを楽しみました。



 友達から、



 ”いい生活してますね~”



 と言われました。



 確かに、仙台というか、日本で、自宅にプールとサウナが

 あって、いつでも楽しめるというのは、簡単ではありません。



 よほど高額なマンション、サービスアパートメントでないと

 難しい。




 ですが、ショーがバンコクに来てからもうすぐ5年。



 毎朝、起きたら、プールとサウナに入って、というのが

 ルーティーンなのですが、ルーティーンになると殆ど無意識で

 行動することになる。



 無意識だと、今やっていることが当たり前となってくるの

 ですが、いま、こうして、毎日プールに入って生活出来ている

 ことへの感謝を忘れてしまうものです。


 さらに、毎月日本に帰国して、温泉巡りとグルメ生活が出来て

 いることに対しても。



 これ以上、自由な生活はないだろう、という感じですから。




 今、こうやって、気分良く暮らせているのは、友達は当然のこと、

 周りの人達に支えてもらっているからであり、感謝を忘れては

 いけない、当たり前と思ってはいけないと再認識した次第です。






 



 

    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


  「ハゲタカ2」を読み返しています。


  芝野というと、テレビドラマでの柴田恭平さんを

  思い出してしょうがないです。


  飯島役の中尾彬さんもハマっていましたし、

  あのドラマは素晴らしかったなあ、と思い出し

  ました。


 



今日の運動


   知人が自宅に遊びに来て、運動の時間は取れません

  でしたが、一緒にサウナとプールを楽しみました。


   

 

今日のシガー


 ROMEO  Y JURIETTA  CHURCHILL

   ロメオ Y フリエタ チャーチル


 香港のショップで2011年製のチューブ入りを

 分けてくれたので、早速吸ってみました

 (ビンテージ品は、シガーショップにとっては常連客から

  優先して販売したいものなので、裏で保管している場合が

  多いものです。何度か通って、良いお客だと認められれば、

  チャンスは来るでしょうが、最初からゴリゴリ、ヴィンテージ

  無いか、という態度だと嫌がられると思います)。



 チャーチル独特のひねた、鰹節のような香り。


 かなり良い感じです。


 ゆっくり時間が有る時に、赤ワインとでも楽しみたい、

 逸品です。



   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月27日

バンコクの地理について覚えておくと良いこと

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 このところ、タイの観光シーズンということもあり、

 日本から旅行に来る知人が多いのですが、やりとりしていて

 気づいたことがあります。



 ホテルどこ? と聞いたら、多くの人は、


 ”○○(あまり知られていない中級ホテル)ホテルで、○○駅の近くです”



 という感じで答えてくることが多いのです。



 日本ですと、鉄道駅を基点に街が形成されていることが多いので

 そのような説明になるのですが、バンコクで重要なのは、



 ”通り名(例 スクムビット通り)+ソイの番号(例 ソイ 24)”



 なのです。



 通り名とソイを教えてもらえれば、観光客が行く所なら、まず判りますが、

 ”アソーク駅の近く”みたいに言われても、全くイメージできないのです。




 アソーク駅の近くといっても、奇数側(北側)のソイ19と偶数側(南側)の

 ソイ20では、タクシーで向うにしても、全くルートが異なってくる場合が

 ありますし、タクシー運転手にアソーク駅近くと言っても、どこに行けば

 いいかイメージできないので怪訝な顔をされると思います。



 それと、地図をタクシー運転手に見せれば大丈夫だろうと考える人も

 いますが、地図が読めない人はかなり多いです。



 ですが、”通り名+ソイ番号” これで判らないと言われたことは、

 これまで経験ありませんし、その程度も知らないドライバーだったら、

 乗車しなければ良いことです。



 最近のタクシーには、GRABタクシーなどに登録していて、

 スマホのGPSを表示させている車輛もありますが、とはいえ、

 日本のカーナビのように精緻なものではありません。




 ちなみに、タイ語で通り名は”タノン”ですので、正式に言うと、


 ”タノン スクムビット ソイ 55(ハーシップ ハー) ”



 みたいになります。






 

    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


  「電光石火 内閣官房長官 小山内 和博」濱 嘉之 著

  を今日も。


  官房長官は当然のこと、官房副長官についても、この本を

  読んでいると色々興味が湧いて来ますね。




今日の運動


   ラン、腹筋、体幹トレをやりました。 


   

 

今日のシガー


 COHIBA ROBUST

   コイーバ ロブスト


 これまで何度か1本買いしたものの、どうも相性が

 良くなかったのですが、リベンジということで香港で

 購入したのですが、、、



 これは、本当に相性が悪いのでしょう。


 他のコイーバ。シグロ4やランセロス、エスプレンディドスなど

 で感じるバニラ系の甘さを感じ取ることは出来ませんでした。



 まだまだ、初心者ということなのでしょうか。


 ショックでしたが、また1年先くらいにトライするかもしれません。



   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月26日

スワップポイントに対する個人的所感

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 最近、FXに関する記事が多いので、関連した質問を受ける

 ことが多いのですが、その中で多いのが、スワップポイントに

 関するものです。



 どうも、多くの日本人には、かつて流行った”グロソブ(毎月

 配当がもらえる債券ファンド)とかスワップポイントみたいに、

 毎月とか毎日、チャリンチャリンというのを尊ぶDNAがある

 ようですね。



 FX会社や口座開設に誘導するアフィリエイターのWebサイトでも、

 スワップポイントのメリットが宣伝されています。



 その中には、毎日スワップポイントがもらえて、さらに

 為替差益も取れますよ! とビギナーにとってはたまらなく

 魅力的な文言が並んでいるのですが、ショーはかなり違った見方です。



 ドル円レートを見ていると分かり易いのですが、レートが決まる

 大きな要素が日米の金利差です。



 米国債の金利のちょっとした上下にドル円が連動して、ジグザグ、

 相場が動いているのです。



 スワップポイントというのは、両国の金利差、差額がもらえる

 のですが、意味合いをちょっと考えたら、差額をもらったら、

 当たり前ですが、差額はゼロになります。



 数式でイメージしたら、



 日本円+スワップポイント=米ドル



 ということで、つまり、左右はバランス、均衡している。



 さらに、為替レートというのは将来の予測が多分に反映される

 ものです。



 黒田バズーカ第一弾が放たれた時、一気に円安ドル高が進んだ

 のですが、実際に日本が金融緩和したのはずっと後でした。



 ですから、FXの宣伝サイトにあるように、



 ”スワップポイントも為替差益も狙える”



 というのは、ちょっと無邪気すぎると思っています。



 ちょっと以前のように、リスクオンムードが支配している

 時でしたら、無邪気でも儲かったのですが、高金利通貨で

 スワップと為替差益の両方を見込んでいた、日本の個人投資家の

 多くは、相当な損失を蒙ったものと推測します。



 日本人投資家のお金が海外のファンド勢に持っていかれて、

 いいようにやられているのであれば、実に残念ですね。



    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


  「電光石火 内閣官房長官 小山内 和博」濱 嘉之 著

  を再読しています。


  官房長官という、毎日記者会見をする割には謎な

  部分が多い所に濱さんらしい切り口で書かれていて、

  実に興味深いです。


  個人的には、首相動向のように、官房長官の毎日も

  ウォッチしてみたいです。誰と会っているのか、等。



今日の運動


   今日はメンテナンス デー。

  激痛の足つぼ治療院に行って、オプションのグアシャ

 (木の櫛のようなもので背中をゴリゴリするもの。

  悪いところは、赤黒く変色します)もしてもらいました。


 


   

 

今日のシガー


 EL  REY DEL MUNDO  SHOIX SUPREME

   エル レイ デル ムンド シュー スプレーム


 非常に吸い易いロブストですが、2009年製で

 素晴らしい熟成具合になっています。


 煙の粒子が細かく、心地よい。


 元々、軽いタッチのシガーですから、熟成品が

 見当たらなくても、若いもので十分楽しめると思います。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月25日

日米間為替政策の温度差

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ   


 昨夕、FXニュースで、ルー米国財務長官のコメントが

 配信されました。


 内容は、



 ”世界経済は現在、危機に直面していない”



 ”G20での危機対応はない”



 ”中国には外為市場への介入について明確に意思を伝達する

 責任がある”




 というものです。



 アメリカの先制攻撃だなあ、と思いました。



 安倍首相、麻生財務相はじめ、ここ数日、日本側が言ってきた

 事をばっさり否定したからです。



 日本側は、”G20で世界経済安定の為、協議を行う”と言って

 おり、ここで対応を誤ると、混乱が収まらない可能性がある、

 というメッセージを出していました。



 さすがに、正直に、”過度は円高を是正すべき”とは言えないものの、

 ”急激な為替変動は好ましくない” というのであれば、為替操作と

 アメリカから言われることはない。



 日本側としては、G20で為替安定に関する協議や声明を、と

 考えていたのだろうと思いますが、アメリカは真逆で、ここ数日、

 連銀関係者などのコメントを拾い読みすると、ドル高懸念の

 内容が多い。



 ルー財務長官のコメントには日本の為替政策について言及は

 していませんでしたが、中国という名前を出しての牽制球と

 見ています。



 このように、日米のマーケットへの姿勢、コメントには大きな

 温度差が発生しています。



 円高進行時にささやかれる、政府日銀の為替介入は、現時点では

 それなりに効いてはいるようですが、もし、G20でアメリカが

 強く、



 ”国による為替相場への介入は慎むべき”



 と主張したら日本はどう反応するか、かなりの見ものではあります。



 


   


    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「いつやるか? 今でしょ」林 修 著

 を引き続き。


 印象に残ったのが、”簡単に勝てる分野で勝負する”

 ということ。


 得意分野に集中とも言えますし、ニッチ勝負とも言えますが、

 たしかに、日本人の多くはレッドオーシャンに突っ込んで

 いく傾向が強いように思います。




今日の運動


   今日もラン、腹筋、体幹トレをやりました。


   

 

今日のシガー


 PUNCH  PUNCH PUNCH 

   

   2010年製造品を久々に吸ってみました。


 今回の1本は、アタリの時感じるバタースカッチの

 ような甘さを感じることができず、辛さが勝っていた

 ものの、胡椒のニュアンスはしっかり感じ取れました。


 肉料理の後なんかに合うと思います。




   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月24日

あえて、効率を後回しにしてみる

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 昨年末からFX取引をかなり真剣に取り組んでいる

 のですが(別な機会に書きますが、原資が少ない人や

 現在収入が無い人が”ビジネス”として取り組むものでは

 全くありません。あくまで、余裕資金でやるものです)、



 その中で感じていることがあります。



 投資でもビジネスでも一般的に効率を重視すべき、というのが

 定説です。



 利回りとかROEとか。FXだったら、PIPSをどれだけ効率良く抜いた、

 とか。



 確かに、上場企業のように、ひと様から預かった資金で事業を

 するとなると、効率を求めるのは必要でしょう。



 ですが、個人レベルで自己資金で投資なりビジネスを行う場合、

 効率に縛られることはないのでは? と思い始めています。



 FX取引で例えれば、もし、現在、1ドル112円50銭で、目先の

 抵抗線が112円90銭で、支持線が112円10銭だったとします。


 効率第一で考えたら、売りなら112円90銭で、買いなら112円10銭

 になったらエントリーして、決済はその逆ということになります。



 最大限の値幅が取れて効率が良い。



 でも、こういう風にしていると、得てして、112円85銭で頭打ちに

 なったりするものです。


 また、エントリーはしたとしても(売り、とします)、112円10銭まで

 円高になったら利益確定しようとしていたら、112円20銭までは下がったが、

 その後、元のプライスに戻ってしまうこともままあります。



 ”総取り”しようとすると、得てして失敗するものなのです。



 最近、FXでイメージしているのは、おびただしく金貨が流れている

 川に網目が粗いザルを入れて、ほんの少しだけすくっている、

 というものです。



 粗いザルですから、穴からお金が落ちていってしまうのですが、

 それでも、十分なお金が残ります。



 世の中に流れているお金を全部、総取りする必要などなく、

 ほんのちょっとでいいや、と考えると、実は、かなりうまく

 いくものです。



  


    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「いつやるか? 今でしょ」林 修 著

 を読みました。


 学校の先生ながら、かつて、ギャンブルにはまっていたと

 いうのが人間味があって面白いです。



 伊集院静さんもそうですが、ギャンブルからの学びを

 仕事に活かせているのは羨ましいです。


 殆どの人は身を滅ぼして終わりですからね、、、




今日の運動


   今日もラン、腹筋、体幹トレをやりました。


  バンコクにいると、良いリズムで生活できます。


 

 

今日のシガー


 PARTAGAS 8-9-8

   パルタガス 8-9-8


 25本のシガーを8、9、8本と並べたボックスに

 入れている、そのまんまのネーミング。


 他に、このようなネーミングは見当たらず、ユニークです。


 ロンズデールという、細長い、クラシックな形状で、

 各ブランド、かなり強いシガーを揃えています。


 ショーは2009年製造品をストックしていますが、香港の

 ショップで2014年製を1本買って、試してみました。


 さすがに強さはありますが、P2よりはるかに吸い易い。


 若くしてもほのかな甘さを感じることが出来、名品のひとつ

 だと思います。


 一度試していただきたいです。



          
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月23日

高額店を利用せざるを得なくなる仕組み

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ   


 先日、香港のレストランで感じた事。


 日本円なら、客単価1万円くらいで、超高級店という訳では

 ないですが、まあまあのお店。


 服務費(サービス料)10%は当然取っています。



 でも、サービスレベルと言ったら、お粗末極まりない

 ものでした。



 ごく一部のマネージャークラスはそつなく対応しますが、

 それ以外のウェイター(おばちゃん)の酷さったら、

 久々に印象に残りました。香港だなあ、と。



 香港マカオ、そして、大陸となればさらに徹底されていくの 

 ですが、ウェイターの分業体制がかなりはっきりしています。



 これは、全くもって顧客志向の発想ではなく、供給側の考えで、

 レベルで言えば、上から



 1)注文取りなどのやりとり


 2)料理の提供


 3)食器の下げ



 となっています。



 1)の人達は、まあ、それなりの対応をしてくれて、

 不要になった食器を差し出すと、受け取ってくれるのですが、

 2)の人は、ひたすら料理を置いていくだけ。



 先日は、すでにテーブル上が食器で埋め尽くされていたのに、

 無理矢理、料理を置いて立ち去っていきました。



 2)の人に追加オーダーを求めたとしても、良くてニコっと

 微笑み、”自分は係じゃないよ”と意思表示してくれるくらい。


 じゃあ、注文係につないでくれるかというと、そんな事があったら

 奇跡的なラッキーでしょうね 笑



 そして、職種に厳格な序列があるようで、1)のマネージャークラスは

 ともかく、2)の人が皿を下げてくれることは滅多にありません。



 2)の人は、3)の仕事を下に見ているように強く感じますし、

 現地の人からもそう聞きました。



 とにかく、顧客志向というのは殆どないわけです。



 もし香港で心地よいサービスを受けたいのであれば、超高級店に

 行けば可能ですが、その分、料金は高くなります。



 これは、アメリカでも同じようなものかもしれません。



 欧米流の差別化マーケティングとして考えるなら、

 ”普通のお店だと不快だから、高級店に行こう” と

 顧客は考えるので、こういうサービスが”正しい”のかも

 しれません。



 もし、エコノミークラスがえらい快適だったら、ファーストや

 ビジネスに乗ろうという人は減るでしょう。



 普通だと不快だから、上級サービスを選ぶ。



 日本やタイですと、安価な店でも不快とまではいかない場合が

 多いですし、良く書いていますが、日本のコンビニの店員さんなんて、

 気の毒な位、丁寧なものです。



 いち消費者としては、日本やタイの方が快適で良いのですが、

 ビジネスの仕組みとしては、と考えると微妙な気持ちになりますね。



 


    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


  「ヒトイチ 画像解析」読み終えました。


 公安の世界が秘密のベールに包まれているなら、

 人事監察というのはさらに謎な世界です。


 警察の中の警察。元、警察庁警視の筆者ですから、

 さすがのリアリティです。




今日の運動


   今日もラン、腹筋、体幹トレをやりました。


 

 

今日のシガー


 MONTECRIST  EDMUNDO

   モンテクリスト エドムンド


 香港のお店で、2012年製造品を買ってきました。


 久々に行っても、旧いシガーを取り出してくれる、有り難い

 お店です。


 若くてもコーヒー系の甘さが心地よいのですが、3年以上の

 熟成で十分に丸くなっています。


 ロブストよりも長い、大きなサイズで、ゆったり時間がある

 時に楽しみたいシガーです。





   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月21日

投資を続ける上で不可欠なこと

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 昨日は、香港でチームショー会員が集まり、火鍋ディナーを

 楽しみました。


 チムサーチョイの高層ビルの窓際席を押さえて、20時から

 始まる香港島のビルのレーザー ショーを堪能しました。



 チームショーの会員は大部分は日本居住ですが、気がついたら

 香港居住者が3名になっていました。



 さすがに170名近くになると、バラエティに富んできます。


 

 海外ということで、かなりディープな内容の話しも飛び交い

 ましたので、日本からわざわざ参加した人も、その情報を

 活用すれば十分に元は取れたのではないかと思います。




 それで、ショー自身、こういった集まりを企画する側に

 なったので忘れがちになりますが、こういう場での投資仲間との

 関係づくりはとても有益です。



 投資相談を受けるなかで、積立で困っているとか、詐欺のような

 ものにあって、という人の大部分は、周りに投資仲間がいなくて、

 接しているのは、投資を進めてくる業者、ブローカーだけと

 なっているのです。




 日本で不動産投資でそれなりに上手くいっている人で、

 仲間との情報交換を全くしていない、というのは殆どないと

 思いますが、海外投資だと、何故か、けっこういるものです。



 仲間がいれば、簡単に、正しい情報が入手できるのに、

 ネット上で色々調べても、バイアスが掛かった情報だらけで、

 一体、何が正しいのか判らなくなる、、、



 ストレスばかり掛かっていて、成果が上がらないのを

 見ていると実に勿体ないなあと思います。



 横のつながりを持つだけで、大概の疑問点や問題は解消する

 ものなのですがね。



 ※次回、香港アテンド(HSBC口座開設+IFA訪問)は3月19日(土)

  で調整中です



 

    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


   目が疲れたので、お休みです。



今日の運動


   完全休息モードで、サウナとマッサージに行き、

  運動は休みです。

 

 

今日のシガー


 BOLIVER ROYAL CORONAS

   ボリバー ロイヤル コロナス


 非常に強いシガーを揃えているボリバーですが、

 このロイヤル コロナスはかなり吸い易く、甘くて

 ショーの好みなので、ひさしぶりにシガー屋さんで

 選んで吸ってみました。


 以前のレビューでも書きましたが、葉のタッチが

 非常に滑らかで、唇が心地よい。


 油分が多いからか、葉の種類なのかわかりませんが、

 この感触の良さはなかなかないものです。





   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月20日

口先介入は麻薬みたいなものです

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 昨日金曜日の夕方、麻生財務相がマーケットに

 関するコメントを出し、配信されました。



 先週もコメントしていた内容と全く同じで、


 ”為替介入についてはコメントしない”といった、

 もろ口先介入、短期の売り浴びせ勢力に対する牽制も

 あったのですが、マーケットは逆に円買いを進めました。



 110円台に突入した時に、同じコメントを出した直後は、

 警戒のドル買い戻しが進んだのですが、もはや、口先介入の

 効果はなくなったと言えます。



 まさに麻薬みたいなもので、最初は効き目あるのですが、

 次第に耐性が出来てきて、さらに大量に打ち込まないと

 効かない。



 今月下旬のG20で何らかの協調コメントを出すという

 警戒感が言われていますが、個人的には、2011年の時の

 ような、円高是正のコンセンサスは得られないと考えています。



 大統領選挙を控えたアメリカでは、ただでさえ、ドル高の弊害に

 ついて連銀関係者がコメントしている位で、ここで、日本を助ける

 ために人為的な為替操作を是認する方向にはいかないと思っています。




 いいとこ、


 ”為替や株価の急激な変動は好ましくない”


 ”ファンダメンタルズはそれほど悪くない”



 くらいと予測しています。



 そうなると、次のイベントは日銀会合となるわけですが、

 際限なき金融緩和はどこまで行ってしまうのか? という

 懸念もあります。



 黒田総裁が否定するのはやむを得ないと思いますが、

 政府日銀が行っているのはまさに、円安株高誘導政策だと

 思っています。



 企業決算も控えて、多くの輸出企業の想定為替レートよりも

 大幅な円高水準のままでいくと、ファンダメンタルズにも

 大きな影響が出て来ることになります。



 

 



 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 香港内をぶらついているので、お休みです。


 



今日の運動


   ホテルで腹筋のみ。

 

 

今日のシガー


 PARTAGAS  SHORT

   パルタガス ショーツ


    香港のシガー屋さんのテイスティング ルームで

 吸いました。


 普段ストックしているものより若い、2014年もの。


 若くても十分に楽しめることを再認識しました。


 普段感じる塩炒り落花生というよりは、ウッディな

 質感。別のシガーみたいですが、美味しいです。

          
Posted by sendai1171317 at 19:00コメント(0)トラックバック(0)
2016年02月19日

香港の証券会社 開業セレモニーに行ってきました

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 今回、香港に来たメインの目的は、知人が香港の証券会社を

 開業して、そのセレモニーがセントラルであったので、出席

 するためでした。



 ショーの師匠も加わっており、セレモニーのステージに

 上がっていました。



 証券会社といっても、馴染みがあるインターネット証券など

 小口のリテール取引ではなく、資産家をメインとした大口取引

 をメインとするようです。



 香港は勿論、中国本土、大陸の顧客の投資助言を行うようですが、

 ここで改めて感じたのは、



 中国経済は減速といっても、まだまだ、有る所にはお金は有る



 ということです。



 もちろん、中国株式の落ち込みや不動産価格の低迷により、

 単純に中国関連の”富”は減っていますが、とはいえ、なくなった

 わけではありません。



 最近、中国からの資本流出の深刻化が報道されていますが、

 流出というのはお金が中国外に流れていくことで、そのうち、

 相当な割合で投資に廻るわけです。



 参加者のひとりで投資会社で働いている知人に近況を聞いたら、

 最近のメインの仕事はアウトバウンド、つまり、香港・中国外への

 投資助言だそう。



 お金は常にリターンを求めていく、ということですね。



 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「ヒトイチ 画像解析」濱 嘉之 著

  を読み始めました。


  濱さんの小説は読み易いので、すぐに読み進んで

  しまうのが悩みです、、、


 



今日の運動


   香港のホテルで腹筋とストレッチだけ、やりました。


  あとは、西川先生の整体へ。


 

 

今日のシガー


 PARTAGAS  SERIE  D6

   パルタガス セリエ D6


    香港のシガー屋さんで薦められて吸いました。


 一度試してはいましたが、今回のシガーはかなり

 加湿されていて、味わいが良く滲み出ていました。


 D4と同じ太さで沢山の煙を楽しめる、D5より短いですが、

 今後、主流になっていくのでしょうね。



   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
<<⑩あなたのメルマガ登録フォーム>>
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Blog