2015年10月31日

日銀追加緩和予想は当たったものの、、、

いつも応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ   


 昨日の日銀の会合結果は、現状維持で決定、

 追加緩和はなされませんでした。



 ショー自身、どのように予測していたのかと

 いうと、発表のギリギリ直前まで、政府要人の

 コメントなど注意してみていたのですが、おそらく

 追加緩和はないだろう、と考えていました。



 いくつかの判断要因はあるのですが、大きかったのは、

 政治サイドが今回は静かだったこと。



 浜田内閣参与は、”今回は緩和の必要無し”と明言していましたし、

 もうひとり、内閣でもないのに良くコメントする山本幸三議員からも

 何もありませんでした。




 このノーコメントが逆に不気味に感じた部分もあったのですが、

 これはショーの独断ですが、政治家の基本的なマインドセットって、

 ”オレが言ったから、この政策が実現したんだぞ” と言うものだと

 思うのです。



 発表後だから言えることですが、今回の発表前、浜田さん以外は

 見事にノーコメントで通していたのは、”今回は無理しないでいこう”

 というコンセンサスが政府日銀間で形成されていたのだろう、そう

 考えています。




 そんなこんなで、追加緩和無しという予想は当たったのですが、

 外れたのは、その後の相場です。



 ショーはドル円ショートのポジションを持っていました。



 日銀発表の前日、FRBイエレン議長は、今までのチキンとも揶揄

 された曖昧な発言から一転、12月に利上げを実施する可能性が

 高いとのメッセージを市場に伝え、一気に円安ドル高が進みました。




 このようにドルロングが積み上ったと思われる所で日銀が追加緩和

 無しの発表をすれば、売り方が激しく売り浴びせするのではないか?



 そう考えた訳ですが、発表後の反応は、直後こそ円高になったものの、

 その後はグングン、ドルが買われ121.50までドル高が進んだの

 です。



 その後、荒い値動きが続き、結局、120円60銭で今週の

 ドル円マーケットが終わったのですが、損切りはないですが、

 利益確定もしていないということで、政策の予想は当たりましたが

 相場の予想は外れた1日でした。




 各種指標も同じ様に、例えば、日銀発表前日の鉱工業生産の数値は、

 予想上ぶれだったのですが、通常ならドルが買われるところ、今回は、

 この上ぶれにより、追加緩和判断が後退するのでは? という

 連想から、逆に円高になったりもしました。




 いやー、相場は難しいですね、本当に。


 でも、面白い、深いです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「排出権商人」の続きを。




今日の運動


 2回スイムをやりました。


 


 

今日のシガー


  VEGAS ROBAINA UNICOS

  べガス ロバイナ ウニコス


 ピラミデサイズ、モンテNO2やパルタガス セリエP2と

 同じサイズのシガー。


 各ブランド、フルボディの堂々たる味わいのシガーを

 ぶつけてきています。



 このウニコスは焼き芋のようなほっこりした甘さを

 以前から感じていたので、芋焼酎のお湯割りを用意して

 火を点けたのですが、思ったよりも辛い、、、



 吸い込みがかなりタイトだったことも辛さの原因かも

 しれません。



 こういう事もあります、、、 笑


 

    

Posted by sendai1171317 at 18:35コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月30日

11月17日 プノンペンでのワールドカップ予選行きます!

応援クリック、いつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 11月17日、ワールドカップの予選、日本対カンボジア戦が

 プノンペンで行われます。



 バンコクからプノンペンへは飛行機で1時間、東京大阪みたいな

 ものですから実に気軽に渡航できます。



 プノンペン在住の友達が観戦チケットを取ってくれたことも

 あり、観戦しに行くこととしました。



 観戦ついでで、ショーが購入しているローカル向けのコンドミニアムの

 建設状況とか、最近のプノンペンの様子を見てこようと思います。



 さすがに日本から観戦に来るという人は、相当なサッカーフリーク以外は

 少ないと思いますが、もし来られる方がいて、現地で予定がないというので

 あれば、気軽にご連絡いただければと思います。



 当日の夕食か翌日でも、食事でもご一緒できればと思いますので。



 ショーは2日間、知り合いのカンボジア人に通訳ガイドを頼みますので、

 スムーズに動けると思います。



 以前、プノンペンでシンガポール戦があった時には、スタジアム周辺はじめ、

 大渋滞で大変だったようですが、このあたり、ガイドにサポートしてもらう

 ので、ラクかと思います。



 

   


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「年収を自分で決められる人になる方法」

 ブライアン トレーシー 著

 を読みました。


 朝、一日のはじまりに読むと気合が入りますね!




今日の運動


 昨日食べ過ぎでカラダが重くなったので、 

 ランと腹筋、スイムで”ぼちぼち”絞ったつもりです 笑



 


 

今日のシガー


 PARTAGAS  SERIE  D4

 パルタガス セリエ D4


 沢山の製品があるパルタガスですが、この中で

 まず試すべきなのが、ショーツと、このD4だと思います。



 若くして楽しめて、品質のブレがハバナにしては小さい。



 この1本は2014年製造ですが、ふくよかな味わいが

 素晴らしい。


 もちろん、熟成させたら複雑な味わいが滲み出てきますが、

 若くても旨い。


 生原酒と合わせましたが、かなり良かったです。


    
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月29日

海外旅行する際、チェックしておくと良いこと

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  



 一昨日10月27日、タイでは仏教の禁酒日で、小売店でも

 飲食店でも、お酒を買うことはできませんでした。



 年に数回の仏教禁酒日の他、選挙がある日もお酒の制限が

 あります。



 ショー達が経営している居酒屋は営業はしましたが、お酒が

 飲めない居酒屋ですからお客さんは非常に少なかったのですが、

 中には、それを知らない観光客と思われる方が入店して来ました。



 お店で、はじめて禁酒日の事を知り、かなりがっかりして

 出ていきました。




 とはいえ、ここはタイですから、お酒を出している店も

 あったようです。



 日系の店の店頭の張り紙で、”本日禁酒日なので、酒は提供

 しません(スタッフにお尋ねください)” というものがありました。



 警察とコネクションがあるのだろうと思いますが、この種の

 ”小遣い稼ぎ”に対して、軍政がかなり締め付けをしてきている

 ようでもあるので、あとは自己責任の世界ですね。



 ショーみたいに自宅があるならば、家で飲んでいる分には

 何も問題ないのですから(販売が禁止されているだけですので)、

 何もここでリスクを取る必要はないと思っています。




 話しがそれましたが、タイ旅行の楽しみのひとつが、夜遊び、

 という人は多いと思います。



 かつてのように、中年男性だけの楽しみ、というのではなく、

 高層ホテルのルーフトップバーとか、女性にとっても楽しい

 所が沢山ありますが、お酒が飲めないのでは盛り上がらない

 ですし、レストランは営業していましたが、純粋にお酒メインの

 バーは休んでいる所がありました。



 店の灯りが消えている夜の街は非常に寂しく、せっかく

 旅行に来ても楽しくないので、このあたりは事前に確認して

 おいた方が良いですね。


 (さらに余談ですが、15年ほど前、年末年始、スペイン旅行を

 して、マドリードからロンドン経由で帰国する途中。マドリード発の

 便が遅延し、日本行きの便に乗り遅れ、ロンドンに1泊することに

 なりました。いやー、まいったなと思いつつ、せっかくだから、

 SOHOのチャイニーズ レストランに深夜行ったのですが、そこで

 言われたのは、アルコールは出せないと、、、

 結局、コーラで料理を流し込んだのですが、食後、凍て付く冬のロンドン

 の街をトボトボ歩いて宿に戻った時は本当に悲しい気持ちになりましたね、、、)






 もうひとつは、街中が大混雑するような行事です。



 今年初頭、フィリピン訪問した時、ローマ法王がフィリピン入り

 されて、マニラ市内は軒並み大渋滞で、ただでさえ移動が大変

 なのに、もうどうにもならない位の状況でした。




 こういう時は、極力、旅行は避けた方が無難ではあります。



 来月、フィリピンではAPECの会合が予定されていますが、

 要注意でしょう。




 多くの人は、例えば、少し前バンコクであった爆弾テロなどの

 治安悪化には注意を払いますが、それ以外のイベントをチェックは

 しないようですが、現地の日本語新聞のサイト等で把握しておいた

 方が良いでしょう。




 ちなみに、年末年始、バンコクに旅行を予定している方。


 31日と1月1日はお休みですが、タイの”本当の”正月は

 4月ですので、レストランが全部休みという事はないですし、

 ショッピングモールは営業しています。



 コンビニが普及する前のかつての日本のように、レストランも

 小売店も開いていなくて困る、ということは殆どないので、

 安心して来ていただいて大丈夫です。



   


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「排出権商人」の続きを。



今日の運動


 今日はスイムのみ、やりました。


 今日は糖質制限は無しで、がっちり食べました、、、



 

今日のシガー


 HOYO  DE  MONTERREY  DE PRINCE

   ホヨー ド モントレー デ プランス


 パルタガス ショーツよりも少し長い、小振りな

 シガー。


 ホヨーらしい上品な味わいですが、インパクトは

 あまり大きくないです。


 この前にエピキュア2を吸っていたのですが、

 エピキュアの絡み付くような甘さ、風味はないです。



 でも、朝方、コーヒーと一緒に合わせるには

 良い感じですね。


 

    
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月28日

チームショーを作った理由

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 日々、問い合わせとか相談とか、独り言とかの

 メールを受けていますが、最近特に多いのが、

 長期積立を始めたけれども、困っている、というものです。



 一番多いのは、申込当時、紹介してくれた人と連絡が取れなく

 なり、途方に暮れている、というものです。



 ショーは過払い金訴訟の弁護士事務所のように、このような

 件のトラブルシューティングはしていませんから、力には

 なれませんが、けっこうな問題だなあと思います(でも、IFAは

 必ず関わっているわけで、どこのIFAかもわからない、というのは、

 投資家側は反省しないといけないですね)。




 これから、この問題はもっと大きくなると予想しています。




 ところで、自分の投資倶楽部のチームショーですが、立ち上げてから

 3年半になります。会員は160名を超えました。



 立ち上げ当初の事を思い出したのですが、当時、ショーは

 会社に辞表を出して、数ヶ月後にはバンコクに移住しようと

 考えていました。




 バンコクに移住しても、どこかに勤めるわけではない。



 知り合いは殆どいない。



 確かにバンコクには沢山の日本人がいますが、多くは大企業の

 駐在員の人達です。



 ショーのように、レールから外れた人間は相手にされないかも

 しれない。



 自分が入れるコミュニティがないなら、自分で作ろうか?



 あとは、バンコクを拠点にしつつも、近隣の国を移動して

 色々な経験をしたい。



 渡航先の各地にも友達、仲間が出来たら楽しいだろうなあ、

 そう考えて、チームショーを作ったわけです。




 思いというのは叶うもので、会員の居住地ですが、日本が

 一番多いですが、タイにも、香港にも、フィリピンにも

 中国にもいます。




 ですから、先日、香港に行った際にも現地で大活躍している

 会員が香港ローカルのお店に案内してくれて、とても楽しい

 時間を過ごせました。




 また、先日の香港イベントには、日本からわざわざ会員が

 来てくれて、セミナーをやって、10人で海鮮料理を食べに

 行ったりしました。




 こういう風にしているので、積立などの投資を香港で始めた

 けれども、今、連絡も取れない、というのは実にもったいないなあ、

 と思っています。




 もちろん、契約時点で、信頼できるかどうかの見極めって

 大変かと思います。



 例えば、チームショーなら、すでに3年やっているから、それで

 安心というのはあると思います。



 でも、ショーの最初の香港ツアーに参加した会員の時は、まだ

 会員ゼロでした(この人は、もしかしたら、すごいリスクテイカーか、

 向こう見ずかのどちらかでしょうね 笑)。




 ですから、ショー自身もそうでしたから、歴史が無い、実績が

 ない所は全部ダメです、とも言えないです。




 じゃあ、どう判断していけば良いのか?というと、なかなか

 難しいのですが、はっきり言えるのは、一度、直接会ってみる、

 さらに可能だったら、既存の顧客とか会員とも会えたら良いでしょうね。



 その上で自分で判断です。




 先日の香港イベントの際も、新規の方からは、



 ”実際にお会いして、ほっとしました”



 という話しはもらっていますので。




 いずれにしても、ショーは会員との縁、出会いもあって、

 楽しく生活していられるので、特に期限は定めずに

 チームショーをやっている次第です。


  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「齋藤一人の道は開ける」の続きを読みました。


     心がすっきり、クリアになりますね。



今日の運動


  今日もランとスイム、腹筋を。


  昨日は、完全に主食無しで済ませました。


  最初に野菜や肉類を食べていると、やがて

  満腹感が出て来て、ストレスはないですね。



 

今日のシガー


 POR LARRANAGA  PETIT CORONAS

   ポル ララナガ ペティ コロナス


 こちらも、マカオで1年寝かせていたシガー。


 50本入りキャビネットで2012年製造ですが、

 こちらも1年間、箱を開けずゆっくり寝かせていた

 からか、良く熟成しています。



 柑橘系のニュアンスが特徴的ですが、同じく

 柑橘系を感じるラモンと異なるのは、煙がクリーミー

 な事。



 個人的には、ポルララの方が好みですね。

 (ラモンは素晴らしいシガーです)


 

    
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月27日

マカオで感じた、出稼ぎ移民政策

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 マカオで知り合いが経営している投資会社に

 寄った時、同じフロアにあったのが、フィリピンの

 OFW(OVERSEAS FILIPINO WORKERS)オフィス。



 若い女性が目立ちましたが、確かに、マカオでは

 フィリピンからの出稼ぎ労働者を多く見ます。



 以前、マカオ在住の方から聞いた話しですが、マカオ人が

 あまり就きたがらない飲食業などのサービス業で働いている

 人が多いようです(ちなみに、カジノのディーラーはマカオ人

 オンリーのようで、こちらは人気があるとの事)。




 確かに、ショーが昨年までマカオにも住んでいた時、

 毎晩のように訪れていたホテルのバーは、大部分が

 フィリピン人スタッフでした。マネージャーだけ、

 マカオ人という感じでした。


 みんな、フレンドリーでいい感じでした。




 一方の日本。



 飲食業はもちろん、介護サービスの人手不足と労働条件

 悪化が酷いようですが、移民労働者の受け入れ議論は

 全くといい程進んでいないように見えます。



 わずかに、都心部で生活している欧米人や日本人の

 メイドやベビーシッターでフィリピン人が働いている

 のを見たことはありますが、フィリピン人の出稼ぎと

 してまずイメージするのは、何と言っても夜の世界。



 ”タレント”としてビザを取って入国するのですが、実態は

 いわゆるフィリピンパブでホステスとして働くという、

 イリーガルな状況です。





 さらに、所変わって、フィリピン。



 マニラの街中には至るところに、OFWの斡旋をする

 エージェントの事務所があり、世界様々な国への求人票が

 張られています。



 以前見た時は、中東が多いなあ、と感じました。



 なにせ、フィリピンのGDPの10%をOFWが稼ぎ出して

 いるというのですから、凄いものです。



 仮に日本人の10人にひとりが海外に出て、毎月、給料の

 殆どを日本に送金するとしたら、、、



 想像付かない世界ですね。




 土日の香港セントラルを歩いた方なら、HSBCセントラル

 支店の隣のビルが、もっぱら、フィリピンモールになって

 いて、休暇のフィリピン人同士、地べたに弁当を広げて

 談笑している風景を見ていると思います。




 このように、世界、至るところにフィリピン人が出稼ぎに

 出ているのですが、日本は移民受け入れの是非の議論の

 最中、というか、拒否反応が強くて進んでいない。




 この議論ですが、ショーが感じているのは、



 ”受け入れてあげるかどうか、議論しましょうよ”



 という上から目線の感覚です。




 仮に今すぐ、日本が受け入れを決めたら、確かに、

 多くの外国人が日本を目指すかもしれません。




 でも、これから5年とか10年後どうなっているか?



 日本は、失われた20年から未だに回復しておらず、

 円も弱くなっている。円が弱くなっているということは、

 母国フィリピンに送金しても、ペソベースかドルベースで

 見た収入は減っていく傾向にある。




 10年後、日本が”受け入れてあげますよ”と宣言しても、

 もはや、出稼ぎ側にとって、日本があまり魅力的な出稼ぎ場所

 ではなくなっている可能性もあると想像しています。



 フィリピン人でもタイ人でも、それなりに収入が高い人が

 日本に旅行したら、”日本は、吉野家でも100均でも、

 物価が低くていいです”と言うくらいです。



 円の実効レートは相当下がっていて、10年以上先の日本は、

 出稼ぎ先というよりは、”安く快適に旅行できる国”という風に

 なっているかもしれない、そう考えています。



 



  


  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「排出権商人」黒木 亮 著


  引き続き、少しづつ読んでいます。


  環境というと、クリーンな世界を想像しますが、

  ビジネスの世界はなかなかダークな部分もあるなあと

  感じます。




今日の運動


  バンコクに戻って来ましたが、さすがにカラダが

  重いので、ランと腹筋を。


  ランチは麻婆豆腐と野菜のみ。




 

今日のシガー


 EL REY DEL MUNDO  SHOIX SUPREME

    エル レイ デル ムンド  シュー スプリーム


 マカオの知り合いの所に1年間保管してもらっていた

 ものを久々に吸ったのですが、素晴らしい!


 2009年製造もので、以前から滑らかな舌触りが

 お気に入りだったのですが、さらなる熟成により、

 コンデンスミルク、軽めの蜂蜜を感じるようになりました。



 初心者向けとの世評がありますが、熟練した方でも

 十分というか、相当楽しめる素晴らしいシガーだと思います。



 それと、25本入り化粧箱ではなく、50本入りのキャビネット

 であることも熟成に良い影響を与えているのかもしれません。



    
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月26日

1年ぶり、マカオに来ました

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 一昨年の4月から昨年の12月まで、1年半だけですが、

 バンコクと二重生活をしていたマカオに久々に来ました。



 今年の春から、たまった用事もあるし、来ないと、とは

 思っていましたが、4月から9月までの香港マカオのねっとり

 とした蒸し暑さは嫌だなあ、と思っていたら、10月下旬に

 なってしまいました(日本の方からしたら、バンコクも香港マカオも

 変わらないだろう、と思われるでしょうが、ショー個人的には、

 香港マカオの空気はねっとりして、それと、空がいつもスモッグで

 クリアではないので、滞在していると疲労がたまってくるのです)。




 それで、香港に2泊してから、フェリーでマカオ入りしたのが、昨日

 日曜日午後。




 昨年と比べると、日曜日の割にはマカオのイミグレは待ち時間無しで

 通過できて、以前よりはマカオ入境者が少なくなったのかなあ、位の

 印象。



 チームショー会員と3人連れでタクシー乗り場に向いましたが、

 待ち時間は3分程。



 以前は人がタクシーを待っていましたが、昨日は、タクシーの客待ちの

 列の方が長かった。



 タクシーに乗って、セナド広場近くの上海料理店に向かい、上海蟹と

 上海料理を楽しんだのですが、新馬路辺りの観光客も以前よりは減ったかなあ、

 という感じ。昨年は、土日は歩道がぎっしりでしたが、昨日は歩く事は

 できました(といっても、大量の中国人が居ることは間違いないです)。




 ランチを終えて、タクシーに乗ってタイパ島のシェラトンに向った

 のですが、ホテルのレセプション前はとんでもない人だかり。



 丁度チェックイン時間の15時だったからだとは思いますが、チェックイン

 をする人が100人以上行列になっていました。



 さすがにこれにはびっくりで、この日、香港から重い荷物を運んでいて

 かなり疲れていたので、さくっと部屋に入って昼寝しようと期待していた

 のが、かなり凹みました。



 これは、1時間以上立って待たないといけない、やっぱり、俺はマカオとは

 相性が悪いのか(笑)と悲しい気持ちになりつつ、身動き取れないでいたら、

 ホテルスタッフが、”こちらでもチェックイン受け付けます”ということで、

 クラブフロアのレセプションへ。




 しかし、ここでも20分程待たされました。


 とにかく、ひとりひとりの対応に5分は掛かっているから、どうにも

 こうにも進まないのです。クレーム付けている客もいましたし、、、




 ようやく自分の番が来たのですが、今度は、ルームキーが発行されない

 ので、待ってください、と言われ、かなりイライラモードで5分待って、

 ようやくチェックイン完了。




 結局、ホテルの敷地に入ってから部屋に入るまで、1時間近く要して、

 正直、もうマカオには来たくないや、と思いました(笑)。




 でも、せっかく、久々のマカオだから、と少し仮眠の後、かつて、

 頻繁に訪れていたギャラクシーのバー、マッカランに向ったのですが、

 そうしたら、”今日は団体のパーティー予約が入っており、禁煙です”

 との事、、、



 シガーショップがあるバーなのに禁煙なのか、、、とかなり悲しい

 気持ちと、再度、”やっぱり、俺はマカオと相性が悪いのかあ”と

 思いつつ、とぼとぼ、というか、歩いたら疲労が増すだけなので、

 シャトルバスでシェラトンの部屋に戻り、部屋でシガーを吹かしました。





 こんな感じで、かなり疲労感を得た(笑)マカオですが、確かに、

 以前ほどの勢いはなくなったなあと感じました。



 まず、タクシーが拾える。



 以前はタクシー乗り場の行列は人でしたが、今は、タクシーが

 乗客を待っています。



 夜のギャラクシー前でも、タクシーが5台、客待ちをしていましたし、

 セナド広場近くでも簡単に拾えました。




 あとは、カジノ内も昨年よりは空いていました。といっても、

 閑古鳥ということでは全然ないです。あくまで昨年と比較したら、

 ということです。




 金曜日土曜日のホテル代は相変わらず高いですし、客室稼働率は

 90%台で推移しているようです。




 一部メディアでは、”マカオは閑古鳥”とか報道していますが、

 昨年までが凄過ぎただけで、相変わらず中国人パワーをひしひしと

 感じた事は間違いないですね。





 


  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「排出権商人」黒木 亮 著


  旅のお供に文庫本を持って来ました。


  まだ前半ですが、フィクションを通じて、排出権とか

  環境ビジネスの裏側を勉強できそうで、楽しみです。




今日の運動


 お休み、です。




 

今日のシガー


 VEGAS ROBAINA  FAMOSOS

   べガス ロバイナ ファモソス


 ロブストサイズで一番好きなシガー。


 メジャーブランドではなく、ラインアップも

 5種類くらいしかないですが、外れがないなあ、と

 いつも思います。


 強すぎないミディアム ボディで、シナモン、ダークチョコ、

 ブラックペッパーのニュアンス。


 パルタガスのような土、きのこはあまり感じません。



 2014年製造でまだ若いのですが、辛過ぎるということは

 ありません。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月25日

香港勉強会終了しました

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 昨日、朝から夕方までの香港イベント、終了しました。


 まずは、朝集合して、HSBC香港の口座開設。



 渡航前から英会話力のチェックなどレクチャーをして

 おり、スムーズに終了。その場でネットバンキングの

 設定までやってしまいました。



 HSBCが終わったら、IFA(投資顧問会社)に移動して、

 投資のお話。



 今回、すでにチームショーの会員になっている人達も

 7名参加、1人は香港在住ですが、残り6名はみんな、

 日本から参加でした。



 今回、特別ゲストで香港在住の大投資家さんから、

 かなりディープな話しをしてもらいました。



 日本ではまずアクセスできないような情報満載でした。



 セミナーが終わったら、まだ時間がある人達で、海鮮レストランへ。



 名物の蝦蛄シャコや、ロブスター料理等を満喫して、香港勉強会の

 1日が終わりました。



 チームショーの会員で来た人の中には、土曜日早朝着でセミナーに

 参加して、終了後、すぐに空港に向かい帰国、という強行軍の人も

 いましたが、それだけの価値はある話しだったと思います。




 今回、チームショーに入会した方、それと、いままで、他の会員達と

 交流していなかった方も、10名あまりの交流で、かなり刺激に

 なりました、という声もありましたので、開催して良かったな、と

 思いました。




 今回、改めて気づいたことがあったのですが、それは、



 ”行動する人と、しない人の差は大きい”



 そして、



 ”行動する人は、ダラダラ先延ばしにすることはない”



 ということです。



 今回参加していた既存のチームショー会員を見ていても、

 最初にメールで問い合わせしてきたり個人面談やセミナーに

 参加してから香港に渡航するまでの期間が非常に短いことが

 共通しています。




 半年とか1年とかかけている人はいないのです。



 結局、”すぐやらない人はずっと行動しないのだ” という

 事が判ります。




 自分は忙しいのだ、と正当化するのは簡単です。



 でも、月金は会社でも、土日休みであれば、日本金曜日

 深夜発の便で香港には来れます。




 やれない事は全くないのですね。



 成功するかどうかは、アタマの良さよりも、思い立ってから、

 実際に行動するかどうか、そして、行動に移すスピードなのだと

 思います。



 会員の中には、これまでは色々なセミナー止まりで行動

 していなかったのですが、チームショーの会員と接して、

 これではいけないと目が覚めた、と感想をくれた人が

 います。



 行動している人のサークルに入ると、かなり意識が

 変わって来ると思います。



 すでに、次回の香港勉強会の問い合わせを頂いている

 のですが、12月19日(土)に行うことにしました。



 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 今日は香港からマカオに移動のため、

 おやすみです。




今日の運動


 お休み、です。




 

今日のシガー


 PARTAGAS SHORT

   パルタガス ショーツ


 香港のローカル海鮮料理屋での食事の後、火を

 点けました。


 にんにくたっぷり、ちょっとスパイシーな料理の

 後で、通説ではスパイシーなものとシガーは合わない

 と言われているのですが、全然そんな事はなかったです。



 旅の時には、ショーツをチューボに入れて連れて

 いくと、すごく良かった、と思うことが多いです。。


      
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月24日

香港でペトリュスをご馳走になりました

応援クリックいつもありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 昨夕、バンコクから香港空港に着いて、ホテル

 に荷物を置いてから、香港在住のチームショー会員

 2人と食事するため、コーズウェイベイに向いました。



 ローカル海鮮料理店で、窓もなくて、ワイワイ ガヤガヤ

 やっている所で、香港に来た事がある方なら、イメージが

 湧いてくると思います。



 タイも海老や蟹など海鮮は旨いですが、香港の中華風の味付け、

 ニンニクをガツンと効かせたのは、実に旨い。



 ということで、香港海鮮モードでやる気満々だったの

 ですが、落ち合った香港在住会員さんが、”これ、どうぞ” と

 差し出してきたのが、ボルドーの最高峰、シャトー ペトリュス

 2007、だったのです。



 さすがに、ここで、こいつが出てくるとは思いもしなかった

 のですが、この会員は、だいぶ以前、メルマガのネタになって

 くれていたのですが、またもネタを提供したかったようです 笑

 (単純に感謝しています 笑)。



 香港島の日本料理店で働いているのですが、常連のお客さんが、

 半分ほど残ったペトリュスを、”これ、飲んでね”と置いていった

 そうです。



 そのおこぼれに預かった、という訳です。




 いやいや、ペトリュスなんぞ、そうそう飲めるものではない

 のですが、昨夜のシチュエーションは、シャコのにんにく炒めで

 手がベトベトになる香港海鮮屋。



 口腔内がにんにくだらけとなる前に、食前酒として頂いた訳ですが、

 その時思い出したのが、故 開高健 大兄にまつわる話でした。



 茅ヶ崎の自宅近くにあった、ジンギスカン屋に、ロマネ コンティを

 持ち込んで、コップでグイグイ、やっていた、というものです。



 今回の自分は、開高大兄のように自身の持ち込みではなく、頂きもの

 でしたから、やはりスケールは全然違うのですが、床に落としても

 決して割れないであろう、分厚いコップ(グラスではなく)で飲んだ

 ペトリュス、これは忘れられない思い出になりました。



 お金持ちが集う、香港らしいエピソードでした。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「齋藤一人の道は開ける」永松茂久 著

  

  最後のまとめを読みました。


  本当にさわやかになります。




今日の運動


 今日は終日香港イベント、ということで、

 運動無し、です。




 

今日のシガー


 PARTAGAS  LUSITHANIAS

   パルタガス  ルシタニアス


 ダブル コロナという、吸い切るのに2時間

 掛かる、現代シガーにおける最長サイズ。


 ショーが持っているヒュミドールに入りきるギリギリの

 サイズです。


 香港の夜を楽しみながら吸いましたが、半分程でお休み

 して、チューボに入れて持ち帰りしました。


 前半は土、キノコのニュアンスで中盤になると、コーヒーが

 強くなってきました。


 こうした味わいの変化を楽しめるのが、ダブル コロナないし、

 チャーチルですね。


 フルボディで素晴らしいシガーです。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月23日

ECBドラギショックとピケティと

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


 昨晩は久々に興奮して、なかなか寝付けません

 でした。


 ECBの政策金利は据え置きとなったものの、その後の

 ドラギ総裁の記者会見で、追加緩和の可能性をかなり

 強く打ち出したから、です。



 為替相場をずっとウォッチしていましたが、政策金利

 発表直後よりも、記者会見のコメントが配信される毎に

 ユーロドルをメインに激しく、ユーロ安、ドル高が

 進んでいきました。



 つい先日記事にしたばかりの、ドル円の120円の

 オプションバリアーも、もはや関係なくなったような

 勢いです。



 その後、ダウが上がり、日経平均も400円を超える

 上げで、久々にリスクオン モードになっています。



 さて、この日経平均の上げですが、投資をやっていない

 人には全くピンと来ないでしょう。



 遠いヨーロッパの金融政策なんて、日本に居る自分の

 生活には関係ない、そう考えるのは極めて自然な事です。



 こんな事を考えていた時、もうひとつ思い浮かんで

 きたのが、ピケティの主張です。



 一言というか、ひとつの数式で、


   r>g


    乱暴に言うと、g  働いて得る所得よりも、r 資産運用から

 得られる利益率の方が高い、というものです。



 今回の追加緩和報道とその後のマーケット、それと、

 アベノミクスの始まりの頃を思い返してみても、時流に

 自然に乗っかって資産運用、投資すると、笑っちゃう位、儲かる。



 一方で、”自分は関係ないや” と考えて何もしていないと、

 働いても働いても、経済的にはラクにならない。



 不条理ですし、マネーゲームじゃないか、という反論も

 あると思いますが、これが現代の現実です。



 つい先日の記事で、”余裕資金ないのに投資の勉強を

 しても意味がない”と書きましたが、これは投資とか

 経済の勉強をしても意味ないです、という趣旨ではありません。



 ”お勉強”という逃げではなくて、資金が無いなら、

 まずは一番大変な貯金をしましょう、という事です。



 さて、貯金が出来たら、いざ、投資、資産運用の世界へ

 ようこそ! ということになるのですが、このステージからも

 油断はできません。



 マーケットがどういう要因で動いているのか、勉強に

 終わりはないですし、欲との闘いもありますから。



 投資の知識、経験、スキルの重要性は、今後さらに

 強まっていきますから、自分自身、常に進化しないと

 いけないな、と再認識しました。





  



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「齋藤一人の道は開ける」永松茂久 著

  久々に読みました。


  さわやかなに仕事するぞー、という気持ちに

  させてくれる本です。


  何か、難しく考え込んでいる時、シンプルに

  なるのにとても良い本ですね。



今日の運動


 これから香港に移動のため、朝スイムのみ。



 

今日のシガー


 移動のためお休み。


 ということで、今日はシガーにまつわる余話。


 ショーはキューバ産しかストックしていないのですが、

 では、キューバ産以外はダメなのか、というと全く

 そんな事はありません。


 有名なダビドフは、昔はキューバ産でしたが、

 今はドミニカで作られています。


 ドミニカの他、ニカラグアも有名です。


 ただし、ショーは殆ど、キューバしか知りません。


 なかなか手に入りにくいからです。


 いつか、世界各地、お酒とシガーを巡る旅というのも

 悪くないなあ、と考えています。

 

     
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年10月22日

株式やFX取引を推奨する理由

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


 自分の投資倶楽部、チームショーに入会してまず

 案内しているのが、いくつか、証券口座とFX口座を

 開設すること。



 別に義務ではないのですが、まずは開設しておきましょう、

 と話しをしています。



 その上で、セミナーで具体的な取引方法やショーが行って

 いるトレード内容を話ししているのですが、強調しているのが、



 証券会社から配信される経済、市況ニュースを読んで、

 分からない語句が出て来たらネットで調べてみましょう



 ということです。



 FXをやっている人なら、目にしたことはあると思いますが、

 ここ数日、”ドル円120円に設定されたオプション トリガー”

 という文言がかなり出てきます。



 オプショントリガーがらみの防戦売り、という事を理解した

 上で、リアルタイムの相場を見ていると、なかなか楽しいものです。



 オプション理論というのは、ノーベル経済学賞の論文にもなって

 いる位で、極めようとしたら、相当難しく、深い世界ですが、

 基本的な概念であれば、無料のネット情報を読めば、なんとか理解

 できるレベルです。



 ただし、もし、自分がFX取引をしていなくて、そのオプション

 なんらやが、自分の損得に関係していないとなると、読んでいて

 面倒臭くなるものです。


 ヨーロピアンとかアメリカンとか、コーヒーか! と思って

 しまいますし、エキゾチック? ジャパンか!! とも

 思うでしょう。



 ショー自身、20代の頃、MBAのファイナンスの教科書を買って、

 独学した事はありますが、思いっきり挫折しました、、、




 でも、現在、実際にトレードして、自分の利益に関係して

 くると思うと、摩訶不思議で無味乾燥だった用語や理論が

 すーっとアタマに入っていくものです。



 ぶっちゃけで言えば、オプションについて何も分からなくても

 FXは出来るとは思います。



 でも、別に受験生のように追い込むことはなく、時折、

 お酒を飲みながらでいいので、実際に少額で良いので

 トレードしつつ、FXニュースで分からない用語が

 出て来た時、GOOGLEで検索してみる。



 そういう事を2、3年継続していくと、相場を動かす要因が

 どれとどれで、そして、それぞれがどの位のインパクトを

 もっているのか、というのがおぼろげながら判ってくるものです。



 ショーは、プレステとかのゲームは全然やらないのですが

 (ゲームは全然否定しません。純粋に楽しいと思いますし)、

 為替相場ほど楽しいゲームはないと心から思っています。



 土日がつまらないなあ、と思う位ですからね。



 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書

 

 「ロングテール」クリス アンダーソン 著

  後半を読みました。


  物理学を専攻した著者がビジネスを語る。


  まさに凄い知能で、自分のような凡人は、こういった

  天才が産み出した知を本を通じて吸収させてもらって

  いる。



  有り難いことだなあ、と思います。


  

 

今日の運動


 体調復活したので、ラン、スイム、腹筋をやりました。


 ダンベルをやりたいのですが、右手首の痛みがあるので

 自粛。



 


  

 

今日のシガー


 MONTECRIST  PETIT EDOMUND

   モンテクリスト ペティ エドムンド


 パルタガス D5と同じサイズで、強さも

 似た感じで濃厚。


 モンテらしいコーヒーフレイバーが心地よい

 です。


 2012年製造で、一昨年購入直後はかなり

 辛いなと感じましたが、現在ではだいぶこなれて

 きました。



 でも、まだ、2、3年寝かせてもよさそうです。


    
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
<<⑩あなたのメルマガ登録フォーム>>
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Blog