2015年02月28日

吉田類さんから学ぶこと

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


吉田類の酒場放浪記、日本に居た時は、

 かなり見ていました。


 http://www.bs-tbs.co.jp/sakaba/



 毎回、下町酒場といった風情の店にふらりと入り、

 ガチで酒を飲みながらつまみを食べて、酔っぱらって

 調子ついてきたら、店内を徘徊して、他のお客さんと

 交流、というか、絡む  笑



 タダのおっさんの酔いどれ日記なのですが、これが

 面白くて見ていたのですが、このDVDが売れている

 との事。



 孤独のグルメも実に面白いですが、あっちはお酒は

 無しですから、ショー的にはこちらがたまらないですね 笑




 タイでもネットで見れますから、久々に見ながら考えた

 ことがあります。



 それは、



 自分が心から好きな事はビジネスになるし、それで

 ちゃんと収入が入って来たら、サイコーに楽しい



 ということです。



 一般的に言われているのが、



 趣味は仕事にならない



 というものです。


 確かに、趣味を仕事にして、しかも、ビジネスとして

 成立させるのは難しいことです。



 でも、それが実現したら、本当に楽しいことも確か。




 ショー自身でもそうです。



 日本に居た時、休みは平日だったので、何をしていた

 かというと、不動産物件の視察をした、その近所の

 酒場とかレストラン巡りをやっていました。



 当時は、単なる趣味としか思っていませんでしたから、

 お金が減って行くだけだったのですが、この時の

 蓄積が、今の飲食ビジネスに役立っています。



 色んなおつまみメニューやお酒を試して来た

 経験が、今になって活きているのです。




 あとは、ショーと良く接している人は理解してくれて

 いますが、夕食タイムとかお酒を飲んでいる時、

 たいてい携帯を見ています。


 フェイスブックではなくて、FXの画面を見ているのです。



 別に短期トレードをしているのではないのですが、例えば、

 イエレンがこう言ったら、ドルが上がった・下がった、というのを

 見るのが楽しいのです。


 これを何年もやっていると、相場を動かす要因について、

 非常に勘が冴えてきます。



 例えば、いつもは、30銭くらいドル安になる筈の要因、

 ニュースなのにさほど動かない、となったら、ドル買いの

 パワーが強いのだな、というのが勘で判るようになる。



 ただ、好きなことをやっているだけなのですが、これも

 自分のトレードに活きて来て、結果、儲かるわけです。




 確かに、趣味を仕事にするのは簡単では無いです。



 でも、インターネットでの情報発信が容易になって、

 様々なキャッシュポイントが生まれてきています。



 酔っぱらってクダ巻いているのが、ビジネスになる

 のですから(笑)、様々なチャンスは転がっていると

 思います。




  


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 お休み、です。


 

  

今日の運動


 ラン、筋トレ、スイムをやりました!


    

  

□今日のシガー


 PARTAGAS  SERIE  P NO.2

   パルタガス セリエ P NO.2


  元々、骨太なシガーですが、今日の1本は、

 熟成不足、でした。


 昨日のロイヤル コロナスと比べると、味が出て来ない。


 こういうこともあるのが、ハバナシガーですね。


   

Posted by sendai1171317 at 18:56コメント(0)トラックバック(0)
2015年02月27日

ホワイトカラー固定給の終焉

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  



 会社勤めをしていたら、ごく一部の例外を除いて、

 固定給、基本給+α、というのが殆どと思います。



 歩合制の営業職でも、多くは基本給20万円とかがあって、

 それ以上は成約しだい、という感じでしょう。




 でも、この仕組みも、いずれは続かなくなるのではと

 考えています。




 ショーが知っている会社でも、固定給が賄えなくなっている

 所があります。



 昨年までは大きな案件があって売上げがあったので、

 大丈夫だったのですが、今年は殆どなし。



 でも、固定給の社員とオフィスを抱えて四苦八苦して

 います。


 とにかく、変化のスピードが速いので、旧来型の会社組織では

 追いつかないのです。





 固定給で雇う社員のデメリットのひとつは、そのような社員が

 自力で稼げることは殆どないことです。



 あくまで、会社のネームバリュー、ブランド、名刺の力が

 あるから仕事を取れているので、社長から、



 ”今年は売上げが足らないから、各自の給料、固定費分は

 最低稼いでくれ”



 と言われても、途方に暮れてしまうのです。




 一方、ショーがやっているビジネスはどうしているか?


 ショーの師匠とやっているものが多いのですが、固定給の

 社員、アシスタントを含め一切雇っていません。



 何か”作業”が有る場合は、全て外注のスポット払い。


 ショー達のコア コンピタンスは、”思考” ですから、

 これはあくまで自前。


 でも、それ以外の”作業”は全部外注しています。


 そうしないと、シガーを吸う時間がなくなりますし 笑




 ちなみに、オフィスもありません。



 ですから、良い案件がなくて仕事がなければ、それは

 それでいいや、という感覚です。



 社員に給料を払うため、オフィス家賃を払うために

 無理矢理案件を作ることはしません。



 もう、このようなやり方を3年続けているのですが、

 強烈に大きなメリットとして感じているのは、この方が

 いい仕事ができる、ということです。



 売上げのための仕事を追いかける必要が全くなくて、

 本当に良い案件、サービスだけ扱えば良い。



 良い案件、サービスだけを売れば、お客さんの満足度が

 上がるので、リピーターになるし、クレーム対策にエネルギーを

 使うこともない。



 ショーのサラリーマン時代、月次予算に対して、例えば

 1千万円足りない。それで、無理矢理1千万円の企画を立てる

 ことをやってきて、無理な押し込みセールスをして、その不毛さ

 を痛感していたのですが、今はこのようなストレスとは一切無縁。


 こんな負のストレスがないと、何故か、いいアイデアが浮かんで

 きて、逆に儲かるのだから、不思議です。





 バンコクの飲食店展開、確かにこれは固定給の社員がいます。


 でも、ホワイトカラーではないのです。



 人件費が日本と比べたら低いタイで、かつ、ホワイトカラーで

 ないなら多少の固定給の社員を抱えても大丈夫。



 問題はホワイトカラーなのです。


 日本ではホワイトカラー エグゼンプションといった議論が

 されているようですが、ショー的には、未だに過去の世界の

 議論だなあ、と感じています。



 では、これからの時代を生き抜くにはどうすればいいか?




 雇われるのに”便利な”人間ではなく、自力で稼げる人材に

 なっていくことに尽きると思います。



 


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「報復連鎖」読み終えました。


 幾重にも重ねられたストーリー構成は、さすが。

 濱野さんの現役公安マン当時の報告書とか、読んで

 みたいですね。


 残念なのは、あと数冊で濱野さんの本は読破して

 しまうこと。。。


 次に読破する作家を探さないといけません。

 


  

今日の運動


 今日は午前から出ずっぱり、のため、

 朝、プールで泳いだのみ。


 

    

  

□今日のシガー


 BOLIVER ROYAL ROBUST

   ボリバール ロイヤル ロブスト


 多分、3ヶ月以上吸っていなかったのですが、

 戸棚に保管していた箱が目に止まり、火を点けました。


 最初に感じたのが、唇が当たる部分の滑らかさ。


 良質のラッパー(一番表の葉)を使っているのだと思います。


 2012年製造の3年熟成で、かなりこなれてきました。


 やはり、ボリバールは熟成させて吸うべきシガーなのでしょう。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年02月26日

安倍首相と黒田総裁の微妙な距離感

応援クリックいただければ嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


  2月18日のニュースを見て、ショーはけっこう

  ”おー” と思いました。


  2月12日の経済財政諮問会議で、日銀の黒田総裁が、

  日本国債が格下げされた現状について、極めてリスキーと指摘し、

  安倍首相に対して、財政健全化に本腰を入れるよう強く求めた、

  というのです。


   http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286617.html



  日銀総裁が首相に直談判するのは極めて異例との事で、

  黒田総裁も相当な覚悟を持って行ったものと推察します。



  ちょっと見方を変えれば、


  ”僕(黒田総裁)は、これまで、中央銀行としてやれる最大限の

   事はやりましたよ。でも、ここからは政府の責任です。

   財政健全化できなくて、国債暴落、ハイパーインフレになっても、

   もはや僕の責任でもないですからね。予め言っておきますので”



  そう聞こえます。



  アベノミクスが始まって以来、蜜月とみなされていた安倍首相と

  黒田総裁の関係が変化しているようですね。



  このような不協和音や混乱に乗じて一気呵成に攻めてくるのが、

  ヘッジファンドです。



  さらに、この会議での安倍首相のコメントにショーは注目

  しました。



  ”(日本国債については)格付け会社に働きかけるのが重要”


  というものです。


  元々、安倍首相は経済にはあまり興味がなくて、総理在任中に

  憲法改正したい、というのが一番の願望だと言われています。



  ですから、あまりマーケットにも興味がないのは仕方ないの

  ですが、この発言はあまりに不用意でした。



  ショー個人的には、現内閣、特に菅官房長官など、失言が

  なく、かつ、簡潔なコメントで、立派なものだと評価して

  いたのですが、首相が”やっちまったなー” という感じですね。




  格付け会社に働きかけ=圧力をかける、と市場は捉えますが、

  格付け会社が生き残っているのは、国だろうが、巨大企業だろうが

  容赦なく、格付けするから、です。



  先日もロシアをジャンク格に引き下げしています。



  確かに、議論も受け付けないということはないでしょうが、

  余程の新材料とか、鉄壁のロジックで立ち向かわないと相手に

  されません。



  金融庁に箸の上げ下げまで指示されている日本の金融機関の

  ように、お上の意思のままに動かせると思ったら大間違いです。



  ちょっとしたきっかけで、日本売りが始まったら、、、

  と思うと結構怖いものがありますね。



  イングランド銀行だって、潰された訳ですから。


  



  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「次の人生から、、、」を再読。”拾い”読み。


 精神の骨盤矯正のようなもので、時折、ズレがないか

 確認する良い機会になります。


 


  

今日の運動


 今日も筋トレ、ラン、スイムを!

    

  

□今日のシガー


 PUNCH PUNCH PUNCH

   プンチ プンチ プンチ


 今回の1本は、非常に当たり!でした。


 普段のような、割と単調な味わいと異なり、

 終盤の石焼芋のような香ばしさに陶然となりました。



 べガス ロバイナのウニコスに通じる味わいですが、

 より強い印象。



 他のプンチも同様だったらいいのですが、、、



   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年02月25日

タイの銀行5カ所廻りました

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


少し前の記事で書いた通り、タイの某大手銀行の

 口座開設が面倒になっているということで、他の

 銀行はどうなのか? と思い、一気に5行廻って 

 きました。



 まずは、タイ資本の大手3行。



 ここは、ワークパーミットが無いと全く相手に

 されませんでした。



 ちなみに、タイなど新興国は、表向きは不可能な事でも、

 裏ルートで出来ることは多いです。


 ですから、それを売りにするエージェント、特にビザ取得関連

 では多いですが、今回は、あくまで、表玄関から突撃してきました。



 

 以前は、ツーリストでも簡単に口座開設できたのですが、

 厳しくなっていますね。。。



 となると、現在、ビザ無しで口座開設できる大手銀行は1行のみ

 だと思います。




 3行で玉砕した後に行ったのが、外資系の銀行。



 ここは、ツーリストでもオッケーでした。



 50000バーツの初回デポジットは必要ですが、ネットバンキング

 も使えるので、ここはありかもしれません。



 でも、タイの大手銀行のように、街中に沢山の支店とか、

 ATMがある訳ではありません。



 ですから、ちょくちょくバンコクに来て、引き出しなどで

 使いたいという人には不便ですね。



 もうひとつの外資系もオッケーでした。


 ビザがなくても大丈夫ですが、アパートメントの賃貸契約書を

 住所証明として持参しないとダメなので、ツーリストは不可ですね。



 こんな感じで5行廻ってきました。



 なお、タイの銀行も香港と同様、開設したら終わりでは

 ありません。



 例えば、某銀行で、海外からタイに送金した場合、着金確認の

 電話が掛かってきます。



 ”裏” ルートで電話番号を借りて開設するケース等もあるよう

 ですが、この電話に出ないでちゃんと着金するのかは、確認して

 いません。



 最近、マネーロンダリングに関するチェックが厳しくなって

 いますから、安易に裏ルートで開設するのには賛成しませんね。




  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「大好きなことをやって生きよう」本田 健 著

  を再読。


  リスク、失敗を恐れることで、結局、人生に幅と奥行きが 

  出ないことが良くわかります。


  でも、殆どの人がリスクを取らないのが現実ですね。。。



  

今日の運動


 筋トレ、ラン、スイムをやりました!

    

  

□今日のシガー


 H.UPMANN MAGNUM 50

   H.アップマン マグナム 50


 2008年製造品を香港のショップで購入して

 いました。


 チューブで熟成されていたので、非常に良好な

 コンディション。


 序盤から、チーズを思わせるような熟成香が漂って

 きます。


 一般的には、チューブ入りというと、持ち運びに

 便利なイメージですが、最低限の空気にしか触れない

 ので、保管熟成に適していることが判ります。



 残りの分は、大事に取っておきます。   

    
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年02月24日

マカオ法人申告書作成から考えること

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


ショーはマカオや、他のオフショア国の法人を保有

 していまして、先日、マカオ法人の申告書を作成

 しました。



 記入事項は極めてシンプルで、氏名、住所、業種、

 売上、経費、所得、この程度です。



 経費明細も伝票も添付不要です。



 昨年まで行っていた日本の確定申告とは大きな違いです。



 アパートの減価償却計算とか、初めての場合はけっこう

 面倒で、毎年、2月になると、気分が重くなったものです。



 何でこれだけ違うのか、と言ったら、単純に、国や自治体が

 納税をどの位必要としているのか? という事です。




 日本をはじめとする先進国は経済成長が鈍化し、税収も

 伸び悩みます。そんな中で、高齢化が進み、社会福祉などに

 お金が掛かる。



 そうなると、取れるところから、税金をどんどん取っていかないと

 いけなくなります。



 一方のマカオ。



 今年は昨年までの勢いはありませんが、相変わらずカジノ

 からの税収で、マカオ国の財政は非常に潤っています。



 昨年11月まで、ショーはマカオにもコンドミニアムを借りて

 いたので、リアルに体験していますが、マカオのインフラ整備は

 凄い。


 狭い国土なので、道路整備もなかなか大変なのですが、コストが

 掛かる立体交差やトンネル、橋が非常に多い。


 バンコクでは考えられない位、整備されています。



 公共の施設や病院、学校も非常に立派です。



 それでもお金が余って、国民に毎年キャッシュバックを

 している位。



 ですから、日本などの先進国のように、個人の所得税を

 しゃかりきに徴収しよう、とはならないのです。




 じゃあ、マカオに移住すればいいのか?



 今回言いたいのはそうではありません。



 日本だけで生活していると、例えば、額面年収1億円だったら

 半分の5千万円は税金、というのが当たり前、となりますが、

 これが例えば香港だったら、税率約15%だから税金は1500

 万円。



 そうなると、手残りは、5000万円 対 8500万円で

 3500万円の違い。



 これが数年続いたら、残るお金は全く違って来る。



 この事はアタマに入れておきたいですね、という事なのです。



 税金が高くなるけど、仕方ない。ではなく、手残りを増やすための

 方法は何かないか?




 NHKで預金封鎖について報道されていたけど、国民みんな

 そうなるなら、仕方ない、我慢しよう、ではなくて、何か

 個人として出来ることはないか?




 すでに与えられている環境に甘んじるのではなく、

 自分や家族を守るために、有利な方法はないか?



 常に考え、行動していくことの大切さを、マカオ法人の

 申告書作成を通じて痛感した次第です。




 



  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「報復連鎖 警視庁公安部 青山 望」

  を途中まで読み進めています。


  ストーリーとは直接関係ないですが、若手巡査を

  教育する主人公の姿から、人材教育について考えさせ

  られました。


  成功を体験できるように仕向けるって、非常に難しい

  ですが、重要だなあと。

 

  

今日の運動


 ようやく体調復活したので、フルコース。

 筋トレ、ラン、スイムを。

    

  

□今日のシガー


 ROMEO  Y JURIETTA  CHURCHILL

   ロメオ Y フリエタ チャーチル


 大当たり!


 序盤から、エレガントな煙が炸裂。

 

 弟分のショート チャーチル、ワイド チャーチルとは

 明らかに違う、格です。


 ブレンドの基本が大きく違わないのだとしたら、この味わいは

 長さから来るのか?



 サー ウインストン チャーチルは、このサイズのシガーを

 1日10本は吸っていたそう。それで91歳まで生きたと

 いうのですから、ショーも長寿のシガー吸いを目指したいです。 


      
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年02月23日

飛行機で大量の荷物を運びました

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ





----------------------------------------------------------------------------------


サワディークラップ、ショーです。



今日の海外投資日記


 大量の荷物を飛行機で運びました



 今回の羽田→バンコク移動では、大量の荷物を

 預け入れで運びました。


 ショーは全日空のダイヤモンド会員ですので、

 32kg×3個口、計96キロもの荷物を預けられる

 のですが、これまでは、自分の洋服くらいしか運んで

 いませんでした(ビジネスクラスの場合です)。



 それが、今回、どんどん店が増えているバンコクの

 日本料理店で必要な食材類を運ぶことにしたのです。


 もうすぐ10店舗になるのですが、ウーロン茶など、

 日本では普通に手に入るものが、こちらバンコクでは

 非常に高価なので、ハンドキャリーする価値があるのです。




 大量の荷物を運ぶ際、まずクリアにすべきなのが、

 羽田などの日本の空港までの運搬です。



 いくら、街中のディスカウントストアで安く買えても、

 空港までのタクシー代が1万円超えとかになると、コスト

 倒れです。



 それで、ショーは、楽天などのネットショップを活用して、

 羽田空港に発送する手配をしました。



 ここで判ったことが、空港便に対応してくれるショップが

 全てではない、ということです。



 これは、問い合わせしてみないと判りません。



 ちなみに、羽田でしたら、JAL ABCの出発ターミナル階カウンターに

 送ってもらえればいいです。



 受け取ったら、カートで運べば良いので、らくちんです。



 http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/airpo/ichiran.html



 この次は、ANAのカウンターでチェックインですが、ショーの

 荷物の制限は、32KG×3個。


 ただし、今回、段ボール箱は5箱ありました。


 トータル重量では96KG未満でしたので、5個でも大丈夫か

 試してみましたが、3個に纏めてください、との事で、その場で

 ガムテープで纏めました(スタッフが持っていましたが、念のため

 持参していました)。



 この時、改めて日本のサービスに感心したのですが、瓶が入った

 箱について、1本づつ、“プチプチ”で補強して、再梱包して

 いただきました。



 さすが、日本! さすが、ANAです。



 10年程前、ブルガリア渡航した時、名物のワインを1ダース

 預けたのですが、半分が割れていた苦い思い出がよぎりました。




 なお、このサービスは、搭乗までの時間に余裕が無いと

 難しいでしょうね。



 こうして、96KGの荷物に解放されたら、軽々と出国審査へ。




 6時間強のフライト後、バンコク空港の荷物受取り回転台で、

 割れていないか、ドキドキで待ちましたが、程なく来た荷物、

 段ボールからは液漏れ無し。



 自宅で開封してみましたが、全く無傷、でした。



 これは、やはり日本の空港サービス、それと直行便である

 ことが大きいかな、と感じました。



 バンコクの空港からトンローの自宅までは、タクシーで

 250バーツ程度(空港乗り入れ料50バーツ含む)ですから、

 日本のように陸路の輸送コストは、殆どタダみたいなものです。


 

 これまで、バンコクと東京間は、香港かマニラで乗り継ぎして

 いたのですが、これだけの荷物を運べるのであれば、直行便を

 増やそうと思っています。



 ※国ごとに持ち込み可能な物品、量に制限がありますので、

  必ず確認してくださいね。



 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 「報復連鎖 警視庁公安部 青山 望」

  を読み始めました。


 面白過ぎて、あっという間に読み終えて

 しまうのが、悩みです。。。


 

  

今日の運動


 ちょっと風邪気味なので、お休み。


 やはり、気温差でしょうか、、、

 


    

  

□今日のシガー


 RAMON ALONESS SPECIALLY SELECTED

   ラモン アロネス スペシャリー セレクテッド


 多分、3週間くらい吸っていなかったと思います。


 今日の1本は、しっとり保管されていたようで、

 序盤から柔らかい煙で充満。



 風邪気味で鼻があまり効かないのが残念ですが、

 十分良い出来であることは感じられます。



 個体差が大きいシガーなので、当たりに出会うと

 非常にほっとします 笑


 


   

 

      -------------------------------------------------------------------



※勉強は嫌だけど、英語を身につけたい貴方に

 こちら、おすすめです。


 http://www.infotop.jp/click.php?aid=227372&iid=53082


---------------------------------------------------------------------------------------------


□これから海外投資をはじめよう、と言う方へ!



 入会金、会費ゼロですが、12個の特典!

 会員数 152名。

 

 

 HSBC香港ネットバンキングマニュアルと

 1年間のサポートもしてます。



 わたくし、ショーの投資クラブ



 「TEAM SHO(チーム ショー)」のご案内です


※チームショー会員の生の声はこちら!


 http://sabai1508.xsrv.jp/uservoice/index.html




 経済的自由の確立、海外移住サポート、



 モチベーション向上まで、全部おまかせください!!




※「入会資格」の箇所をお読みくださいね

 入会資格を満たした方が対象となります。



 また、事前に入会審査をさせていただきます

 (ごく、常識的な事柄に同意いただく程度です)。




□ブログランキング参加しています。

 応援いただけると、とっても、嬉しいです。


http://blog.with2.net/link.php?1227075







ありがとうございます!



□アメブロもやっています。

 アカウントをお持ちの方は、是非読者登録

 くださいね。

※アメンバーは、チームショー会員のみになりますね。

 ご了承くださいませ。


http://profile.ameba.jp/bangkoksho53/





□編集後記


 メルマガを3年続けていますが、ネタが枯れることは

 ないです。


 続ける秘訣を聞かれることが多いのですが、非常に

 シンプルで、


 ルーティーンでない行動を、沢山すること


 沢山、考えること



 これに尽きると思います。


 毎日同じ繰り返しじゃ、他人と同じです。


 旅を沢山するのもいいですね。脳が活性化されます。



 多分、10年前より脳は若いと思います。



 ※TSU 始めました。100%友達承認します。


 https://www.tsu.co/TOUSHISHO



     

 ※日々の生活模様はFacebookにアップしています!

 https://www.facebook.com/toushi.sho 

 




最後までお読みいただき、ありがとうございました!






毎日、大変な仕事や家族の責任を背負っているあなたを、

ショーは応援しています!!





”あきらめずに、続ければ、必ず成功する!”




”行動すれば、次の現実”





”スピードは、不可能を可能にする”





---------------------------------------------------------------------------------------------------

本メルマガ内容をもとに投資や事業をされる場合は自己判断・自己責任とし、

発行責任者はその責めを負いませんので、ご了承願います。


--------------------------------------------------------------------------------------------------


発行責任者:ショー

 プロフィール:http://profile.livedoor.com/sendai1171317/

お問い合わせ:sho.investment@gmail.com

 頂いたメールは有り難く読ませていただきますが、全てにご返信できない

 場合がございます。

 また、事前のご了解なく、メルマガやブログ等に掲載させていただく場合が

 ございます(ご氏名など個人情報は一切、掲載いたしませんのでご安心くださいね)。

登録・解除: http://archive.mag2.com/0001308832/index.html





   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年02月22日

資本の論理とは対極の、バンコク飲食店の人材管理

応援クリックいただければ嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


ショーの基本は投資家ですから、基本哲学は資本の論理、

 です。


 同じ、1億円を投資するなら、より、リターンが高く、一方で

 危険度は低いものを求めていきます。



 ここは単純に算数というか計算、金勘定です。



 儲かるかどうか、ということです。



 一方、バンコクで携わっている日本食事業。



 こちらも、出資者としての基本姿勢は、あくまで資本の論理。



 ですから、もし、赤字店舗が改善されなかったら、売却なり

 閉店というように、冷徹に判断していきます。



 ですが、現場で頑張ってくれている社員に対しては、

 かなり異なる姿勢で接しています。



 特に、1年前の初店舗オープン前から頑張ってくれている

 店長。


 もうすぐ10店舗体制となるのですが、毎晩、各店舗を

 バイクで廻り、細かいチェックをしている。



 どうしても起こり勝ちな、味のブレも、細かく見ていく

 ことにより改善していくしかないのです。


 これが、”工業製品”のチェーン店舗なら、誰が作っても

 同じ味になりますが、うちは、あくまで、個人店舗の

 味わいに拘っているのです。



 もし、今、店長が引き抜きにあったら、けっこう

 窮地に追い込まれるかもしれないと思います。



 実際、ショー自身も目撃していますが、新店舗には、

 スパイのお客さん? も来ます。


 他の店にも来ているので、顔は判っています。



 彼らの狙いは主に2つ。


 ひとつは、メニューや味のチェック。


 もうひとつは、キーパーソンの引き抜き、です。

 現在の給料を聞き出して、さらに高給を提示して、

 引き抜くのです。


 けっこう、バンコクの日本食業界では、エグイことが

 あります 笑




 もちろん、こちらでも、高待遇を出していくように

 しています。


 でも、結構あるのが、その人材目的というよりは、

 ただ、狙い撃ちしたお店を潰すためだけの引き抜き。



 ですから、移籍してから数ヶ月は約束の給料を出しても、

 その後は、”売上げが見込みより悪いから、給料は見直しだ”

 と告げて、以前よりも低給与になってしまう、こんな例を

 数多く見てきました。



 そうして、移籍を繰り返し、バンコク内ですっかり”有名”に

 なってしまった人もいます。



 さて、ショー達の所の店長ですが、もちろん給料は大事ですが、

 それ以上に重視している事があります。



 会社のベクトルと店長のベクトルにズレがないか?



 店長がやりたいことが実現できているか? 障害は無いか?



 ということです。



 これは、とにかく、店長の話を聞くしかない、聞くというより

 ”聴く”ですね。



 飲食店というのは、例えば”原価率を下げろ” と言ったら、

 簡単に下げられるのです。


 食材のランクを落として、調理の手間を省けばいい。



 でも、そうしたら、味が落ちて、お客さんは二度と来てくれなく

 なります。



 ですから、このあたりは、店長の心意気に掛かっています。



 店長とはちょくちょく、近所の美味しい店でメニューの

 勉強をしたり、シガーを一緒に楽しみながら、話を聴くように

 しています。



 このあたり、資本の論理とは真逆の泥臭い世界なのですが、

 リアル事業においては一番重要な事だと考えているのです。


 事業は人が全て、なのですね。



 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 読書代わりの機内映画鑑賞

 「まほろ駅前狂騒曲」を見ました。


 松田龍平さん、いいですねー。


 虚無感を演技させたら、トップクラスだと思います。


 馳星周さんの映画にも出て欲しい、個人的な思いです。


  

今日の運動


 日本との温度差からか、ちょっと風邪気味。。。


 今日はお休みですね。


 ちょっとだけ、泳ぐかもしれませんが。


    

  

□今日のシガー


 ROMEO Y JURIETTA  WIDE CHURCILL

    ロメオ Y フリエッタ ワイド チャーチル


 多分、現行ハバナシガーの中では最も太っちょのシガー。


 個人的には、長男の、オリジナル チャーチルが一番

 好きですが、このワイドは次に好きです。



 圧倒的な太さがもたらす、沢山の煙量と、優しい味わい。


 太い分、吸い込みが容易で、ゆったり吸える。


 時折、無性に吸いたくなるシガーです。


      
Posted by sendai1171317 at 20:02コメント(0)トラックバック(0)

サラリーマンを辞めても、抜けない思考パターン

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


2日間の日本滞在、平日の昼間、デパートに行きましたが、

 当たり前ですが、男性客は非常に少ない。


 デパート内にあるので、昼はカフェがメインで夜はバーに

 なるお店に行って、昼マティーニ? を頼んだのですが、

 もちろん、昼酒する人は皆無。




 バンコクの自宅アパートメントで、平日昼間、ご飯を食べに

 出かけて戻って来た時、エントランスで立ち話しているのは

 奥樣方のみで、男性は皆無。



 もしかしたら、プータローと思われているかもしれないですが、

 そんなプータローも、企業派遣が殆どのアパートメントの住人

 としては、”古株”になってきたようです。


 古株のプータロー、ということですね 笑




 こんな感じですから、東京でもバンコクでも他の人を見ると、

 自分は働いていないなあ、大丈夫なのか? と思う事が

 あります。




 マジでヤバいのではないか? そう思い、自分が今やっていることを

 振り返ってみたのですが、そうしたら、”意外と” 仕事していることが

 判りました。




 毎日のメルマガ・ブログ記事執筆


 バンコクの日本料理店の営業状況チェック


 チームショー 会員対象の投資ツアーのスケジューリング、現地調整


 会員さんからのメール問い合わせへの返信


 3月の会員セミナーのコンテンツ、資料準備


 新規プロジェクトの内容精緻化、関係者との調整



 今やっているメインの仕事は、こんなところです。



 確かに、サラリーマン時代のように、会議や商談アポイントメントが 

 ぎっちり入っていて、ということではないですが、”それなり”に仕事は

 していることが判りました。




 では、何で、自分は仕事していない、大丈夫か? と思ったのか?



 それは、サラリーマン時代と異なり、自分がやりたいこと、楽しいと

 感じることしかやっていないからだ、と結論付けました。


 楽しい時間だから、以前に仕事をしていた時に抱いていた、”辛さ”が

 全くないのです。


 サラリーマン時代のように、気乗りはしないけど、上から指示された

 企画書を作る、みたいなのがないのです。




 それと、付き合いたい人としか付き合わないことも大きいですね。




 サラリーマン時代は、不本意であってもやらねばならない仕事は

 あります。会社から給料を貰っている以上、これは仕方ない。



 ただ、ショーの場合は、”不本意率” が高過ぎて、仕事=苦痛なもの、

 という風になっていました。



 それを、未だに引きずっているのです。

 この思考パターンからは、なかなか抜けられません。




 一方、現在は、やりたいことしかやっていません。



 お客さんというか、会員さんも、こちらで選ばせていただいています。


 メールのやりとりで、チームショーの雰囲気には合わないだろうな、

 という場合もあります。これは善し悪しではなくて、相性のようなものです。



 ですから、問い合わせいただく方で、文面から、ショーの過去記事を

 読んでいらっしゃらないだろうな、と見受けられる方には、”最低 2年分の

 記事を読んでください。それで、ピンと来た場合は、再度ご連絡ください”

 とお伝えしています。



 ”そんな2年分も読んでいられないよ” と思う方もいるでしょう。

 それで、もう、ショーとやりとりするのは、辞めた! というなら、

 全くそれでいいのです。



 ショーは公的機関でも上場企業でもありません。


 上場している小売業とか飲食業は、大変だな、と思います。


 嫌なお客が来ても断れない。クレームを装うセクハラが

 日本で増えているという記事を見ましたが、企業の担当者は

 本当に大変だと思います。




 ショーは、企業に属している訳ではないので、この種のストレスを

 抱える必要は全くないと考えています。



 人生限りがありますから、楽しい、気持ちが健全な人とだけ

 付き合えばいいと思っています。特に40歳過ぎたら。



 なお、さすがに、会社勤めでお客さんを選ぶというのは

 なかなか厳しいでしょうが、仕事を楽しくしていくのは、

 心がけ次第でも十分に可能だと思います。



 普通に勤めていたら、毎日、8時間以上は会社に拘束される

 わけです。



 その時間がつまらない、苦しいものとなるか、逆に、楽しい、

 生き甲斐を感じるものとなるかで、人生は全く違ったものに

 なってくると思います。



 ショーは、サラリーマンよりも独立が性に合っていた訳ですが、

 会社勤めで自己実現して、生き生きと生活している人だって

 沢山います。



 いずれにしても、人生は一度だけですから(多分)、充実

 したものにしないと、もったいなさ過ぎますね。



 数日前、羽田から都心に向う電車で見た、おじさん達の

 表情は暗過ぎます。。。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 今日も文春や新潮をはじめとする雑誌を

 乱読。

  

 

今日の運動


 羽田からバンコクへの移動のため、基本お休みですが、

 バンコクに着いたら軽く泳ごうと思います。


   

  

□今日のシガー


 PARTAGAS SHORTS

   パルタガス ショーツ


 ショート シガーの代表作。


 モンテのNO.5もいいですが、ショーツを吸うと、

 格の違いを感じる程、完成度が高い。


 基本テイストは、塩炒りピーナッツのニュアンス

 ですが、時折スパイシーになったり、甘さが強まったり、

 変化が面白い。


 パルタガスは基本的に重々しいシガーを揃えていますが、

 そのようなシガーが苦手な方にでも、このショーツだけは

 試していただきたいですね。

 

  

    
Posted by sendai1171317 at 07:00コメント(0)トラックバック(0)
2015年02月20日

横浜のガッツリフレンチ アルティザン

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


日本に一時帰国する時に楽しみなのが、食事。


 日本食は勿論ですが、フレンチとかイタリアンといった

 料理も日本ならではの繊細さがあります。



 ショーが海外移住する前には、横浜に住んでいたので、

 横浜のレストランに行くことが多かったのですが、昨晩、

 移住以来のご無沙汰で、大好きだったフレンチに行って

 来ました。



 ブラッセリー アルティザン というお店です。



 http://brasserie.artisan-yokohama.com/chef/



 昨日、日本に着いて、今晩、ここで食べようか、という

 ことになり、予約の電話をしたら、応対してくれたマダムから、



 ”以前、良くお越しいただいた、○○さん(ショーの本名)ですね?”



 と言われて、ビックリしました。


 何せ、3年ぶりでしたので。。。




 フレンチと言っても、”男のフレンチ”という通り、かしこまった

 ものではなく、量が多くて、ガッツリ、ストレートに訴えてくる

 味わいが気に入って、移住前には通っていたのですが、すっかり

 ご無沙汰していました。



 そして、3年ぶりに訪問と相成ったのですが、まず感じたのが、

 コック、ウェイターとも、人数が増えていること。



 日本でもバンコクでもどこでも、飲食店は短命で終わる所が

 多いです。参入障壁は低い分、安易な出店も非常に多い。



 ですが、2010年10月に開店し、すでに4年を経過している。



 しかも、WEBサイトを見たら、同じ横浜の馬車道に分店も出している

 ことが判り、実に嬉しくなりました。



 ”やはり、俺のレストランを見る目に曇りは無かった” ということで 笑



 ショー達が入店したのは、一番乗りの18時半でしたが、その後程なく、

 どんどんお客さんが入って来ます。



 3年前も混んでいましたが、それを続けているのが素晴らしい。



 周りのお客さん達からも、心から、アルティザンの食事を楽しみに来ている、

 というオーラが出ていて、嬉しくなりました。




 まずは、白ワインをセレクト。



 佐藤シェフの奥様、マダムおすすめのロワールの1本を注文。



 ここは、5000円、6000円位で、非常に質の高い

 ワインが揃っているのも嬉しい所。



 タイでこの値段ですと、ありきたりな味わいのワインしか

 飲めませんから、本当に嬉しい。



 ワインを飲みながらメニュー(立派なメニューブックではなく、

 カラーコピーした紙です。でも、これがいいんです)を見るのですが、

 どれも魅惑的で絞れない。




 でも、苦労の末、選んだのが、下記の通り。



 フルール ド メール  6000円

  海の幸 盛り合わせ


  巨大なオマール海老一尾、門司産の生牡蠣6つ、生雲丹と蟹のコンソメゼリー、

  海老とビーツのカクテル、蟹のタルタルの盛り合わせ


  6千円と、一見値は張りますが、出された巨大な平皿を見れば、納得する筈です。



  オマールは、口に挑んで来るような歯ごたえと甘さ、それと、味噌のまったり

  した味わいが堪りません。爪のデカさと旨味の濃さ、忘れないですね。


  チェーン展開のオイスターバーで出される、シーフード プラッター

  とは、全く別物です。



  牡蠣は、コメント不要の新鮮さ、クリーミー。


  雲丹とコンソメゼリーも鉄板。コンソメが濃い! ワインが進む!



  ビーツは、ロシア料理のボルシチを連想しますが、フレンチでは初めて、

  シェフのセンスを感じました。


  蟹のタルタルは、タマゴサンドを連想させる、ほっとする味わい。

  きっちり酸味を効かせているのが、フレンチという感じでした。


  食パンを持ち込んで、勝手にサンドイッチを作りたい気分になりましたが、

  それは我慢です 笑




 フォアグラのローストと苺のサラダ


 まずは巨大なフォアグラにびっくり。

 食べてみたら、他で食べるものとは異なり、ソースの

 甘さが控えめで、これにもびっくり。


 塩が添えられていて、それを表面がカリッとロースト

 されたフォアグラに付けて食べると、ワインが進むこと。



 

 オーストラリア産バペットステーキ(カイノミ)30日熟成

 マスタードソース 300g



   バンコクではなかなか食べられない熟成ビーフですが、日本では

 結構なブームなようですね。カイノミというのは、焼き肉屋さんで

 食べられるハラミに近いのですが、赤身の旨味が非常に濃くて、

 ショーお気に入りの部分なので、これを注文したのですが、お店から、

 ”さらに熟成させた別のビーフもあるので、食べ比べされては?” と

 提案いただいたので、両方いただいちゃいました。



 まず、バペットは、表面が焦げる位、がっちり焼き付けられて

 いますが、中はとろけるようなレア。



 でも、レアといっても、ちゃんと火は入っていて、生の血が流れ出る

 ような”安物”ではありません。



 焼き付けられた表面は、鰹のたたきを思わせるような香ばしい香りが

 素晴らしい。中心部のとろける赤身の味わいも感動的、でした。



 一方の、さらに熟成させたものですが、こちらは、軽めの焼き付け。


 食べてみたら、日本酒の古酒を思わせるような、”ひねた”香り、熟成香が

 して、これまた素晴らしい。



 2本目のワイン、ボルドーが進んで、たまりません。



 退店前、佐藤シェフにご挨拶の時、この、焼き加減の違いについて

 聞いたら、こんなコメントが。



 ”バペットは、藁で焼き付けて香りを付けています。一方、熟成肉の

 方が独特の香りを楽しんで頂きたいので、シンプルに焼きました”




 なるほどー、確かに、熟成肉の香りって、意外と繊細で、強いスモーク香を

 纏わせたら、わからなくなるでしょうね。



 いやー、本当に素晴らしい肉料理を堪能しました。



 もう、ここまでで十分お腹一杯なのですが、ショーがアルティザンに来る

 時、必ず頼むのが、



 活オマール海老尾入りピラフ(お米2号)4500円


 フレンチの品名なのに、”お米2合” というのがいいではありませんか!

 実際のところ、熟成ビーフを食べた時点でお腹一杯。ですから、

 2合なんて、とても食べられません。ほんの少しいただいただけ、です。


 でも、このメニューは、連れて来た人、誰もが、その迫力と美味しさに

 ビックリするので、必ず頼むのです。



 以前、ショーの一家、両親と妹との4人で来た時も、これを頼みましたね。

 家族揃って、キャセロールに入ったピラフを分け合ったのは、本当に

 良い思い出、です。蓋を開けた時の妹の驚く表情、今でも思い出します。





 食べきれなければ、ドギーバッグ(100円)に入れて持ち帰って、

 翌日、レンジでチンすれば、実に美味しい、海老ピラフになります。



 昨晩の感想としては、以前よりも味があっさりしたかなあ? と

 思いました。


 ショーはこれを好ましく思っています。


 お客さんの雰囲気を見たら、常連さん、リピーターが確実に

 増えていると感じました。



 一見さんだけなら、ひたすらインパクトを追求すればいいですが、

 常連となると、やさしい味わいも求められる。ほっとする味わいですね。



 ですから、これが正しいと思います。


 伝統料理だからといって、ただ、そのままやっていたら、惰性企業と

 一緒です。だから、緊張感ある個人経営のレストランが好きなのです。




 デザートのチョコレート風味の”男気プリン”まで、3時間あまり、

 本当にガッツリ楽しませていただきました。



 東京から足を伸ばす価値があるお店だと思います。



 ショー自身、現在、バンコクの日本料理店に出資しているのですが、

 アルティザンのようなオーナーシェフのお店は、心から応援したいです。



 オーナーシェフの佐藤さんは、職人が好きで、そのまま店名に

 しました。



 佐藤シェフが手をかけた料理を口にしたら、彼の心意気が

 必ず判ると思います。



 ぜひ、足を運んでみてください(ショーが出資している訳では

 ないので、アフィリエイトでも何でもありません 笑)。


 アルティザンのwebサイトです。


 http://brasserie.artisan-yokohama.com/chef/




  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 日本滞在中は、漫画喫茶を使うことが多いです。

 携帯やパソコンの電源もあるし、疲れたら寝ることも

 できて便利です。


 ということで、漫画や雑誌類を乱読しています。

  

 

今日の運動


 今日もお休み。その分?横浜の万葉の湯、温泉にゆっくり

 浸かりました。


 日本ならではの素晴らしいもののひとつが、温泉ですね。


   

  

□今日のシガー


 HOYO DE MONTERREY EPICURE NO.2

   ホヨー ド モントレー エピキュアNO.2



  定番シガーのひとつ。


 優しい味わいが基本ですが、蜂蜜、メープル シロップの

 香りを強く感じ、味わいは決して薄くない。



 シガレットは好きでないけど、葉巻にトライしたい、という

 方に、まずお勧めしたいシガーですね。




 

      
Posted by sendai1171317 at 18:09コメント(0)トラックバック(0)

夕刊廃止から考えたこと

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


ヤフーで、中国新聞が夕刊廃止というニュースを

 読みました。



 中国新聞は、広島を本拠地とするブロック紙、名門新聞社

 です。



 朝刊は63万部に対して、夕刊の最近の部数は3万部だったそう。

 最盛期は12万部ということで、4分の一に落ち込んだ、という

 ことですね。



 ショーが最初に勤めたのは新聞社の広告部門ということで、

 新聞社の特に経営、営業面に興味を持っています。



 このニュースを読みながら、ショーが”現役時代”に考えて

 いたことを思い出しました。




 ある意味、日本の伝統産業、有力企業の縮図的なものかと

 思います。




 ショーが新聞社現役の20代社員だった約20年前、

 すでに夕刊は衰退の一途を辿っていました。



 当時で、朝刊は50万部に対して、夕刊は確か十数万部程度、

 イメージ的には4分の一といった感じ。



 広告部門にいましたから、その日の広告売上が判るのですが、

 酷い時は、数十万円しかない日もありました。



 記事の下の広告が白紙になっている新聞はありませんから、
 一般の読者からしたら、ちゃんと広告が入っているように
 思えます。 



 でも、だからといって、まともに売上が立っている広告ばかり

 ではないのです。



 代表例は、薬品や食品の広告。コーワの広告なんかが代表例です。



 広告業界では、”つかみ”と呼んでいましたが、1回掲載でいくら、

 ではなく、1ヶ月とか、一定期間、期日指定はしない代わりに、

 非常に安く広告出稿できる、という取引がありました。



 まあ、WIN WIN ではあります。



 あとは、旅行会社と通販の広告。



 旅行特集みたいな夕刊が良くありますが、あれは、非常に

 広告料金が安い。


 ですから、”つかみ”や旅行、通販だけの広告で新聞を

 出すのは恥ずかしい、というのが、新聞社広告局員の

 気持ち、だったのです。




 ショーが現役だった20年前の時点で、すでに、このような

 末期的状態だったのですが、業界の集まりでお偉いさんが

 真面目に話していたのが、”夕刊の復権” というテーマ

 でした。



 実は、そんな一方でショーは、社員提案の時に、



 ”夕刊廃止すれば、社員数半減できて、超優良企業に

  復活できる”



 というプランを提出したら、こっぴどく怒られました  笑




 新聞社、特に地方紙というのは、ザ・しがらみ、という

 感じで、確かに、地方の雄ではあるのですが、どうにも

 身動きが取れないのです。



 労働組合も恐ろしく強いです。


 地場で一番高い給与水準だったのですが、春闘などの時期に

 なると、”家計は苦しくなるばかり” といったビラを労組が

 配っていました(それなら、はるかに給与が低い地場の中小

 企業社員の一家が困窮しているかといったら、普通に暮らして

 いました 笑)。




 あとは、社内の中枢を支配しているのは、記者出身の

 役員さんなのですが、ジャーナリストさんというのは、

 批判や評論の能力は高いのですが、自分で経営するという

 のは不得手な人が多い。



 さらに、広告とか販売とかの営業を小馬鹿にする

 傾向があって、経営感覚が薄いのです。




 そのような感じですので、重要な方針転換も出来ず、

 月日だけが過ぎていきます。



 ショーの現役時代、同じ”若手”社員達で話しあった

 ことに、



 ”夕刊はもう死んでいる”



 というのがありました。



 北斗の拳の”お前はもう死んでいる” の流用です 笑



 実際はまだ生きているのですが、”もうすぐ死ぬぞ” という 

 意味ですね。



 新聞社などの伝統産業というのは、”お前はもう死んでいる”と

 言われてから、本当に死ぬまでの時間は、けっこう長いです。



 ショー自身、夕刊は10年以内に終わると思っていたのですが、

 20年持ちました(まだ発行している新聞社さんには、失礼します、、、)。



 20年というと非常に長いのですが、この長い20年、ひたすら

 右肩下がりの環境下で仕事をしていく、というのもしんどいなあ、

 ショーはそう思って、ベンチャーに転職した訳ですが、当時、

 40歳位だった人は、今、無事定年を迎えています。


 ショーの見立てと異なり、20年は持つ、会社も安泰だと

 見切れていた先輩社員さんの方が、正しい予測だった、という

 ことになりますね。



 地方新聞社は、大体が、ほぼ独占企業で、他の大部分の会社

 から見たら例外です。



 殆どの会社は、会社は続いても、リストラの不安に晒される

 場合が多いというように、安泰ということは全くないのですが、

 変化の少ない日本では、未だに、割と安泰っぽい会社はあります。



 でも、毎年、”着実に”前年割れを続けて行く中で仕事を

 続けることに対して、どう感じるか?



 つまるところ価値観ですから、人それぞれですが、ショーに

 とっては、非常にしんどい、ということになりますね。



 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の読書


 全日空バンコク羽田線の機内で映画2本、読書

 代わりに見ました。


 宮沢りえ主演の「紙の月」面白かったです。

 

 人が、ふとした事から転落していく、、、

 恐ろしい。


  

 

今日の運動


 今日は東京滞在でお休み、です。


   

  

□今日のシガー


 MONTECRIST NO.5

   モンテクリスト NO.5


  パルタガス ショーツと同じサイズのミニ シガー。


 ショーツの人気、評価が不動なだけに、このNO.5は

 なんだか存在感薄いのですが、決して悪くない。


 モンテ特有の甘さ、コーヒー系のフレイバーが、

 とても判り易いです。


 それと、日本のカフェ、ドトール等でシガー、という

 時は、このサイズが目立たなくて良いです。


 ぶっといシガーを咥えていると、何か、視線が気に

 なるもので。。。


   
Posted by sendai1171317 at 13:33コメント(0)トラックバック(0)
<<⑩あなたのメルマガ登録フォーム>>
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Blog