2014年12月31日

足るを知る

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


ショーも含め、殆どの人間は無いものねだりを

 するものです。



 毎日の会社の仕事が忙しければ、暇になりたいと

 思う。自由が欲しい。



 ○○を買うのに、もっとお金が必要だ。



 などなど。。。



 ショー自身、いわゆる”自由なお金持ち”というのを目指して

 いますから、否定はしません。



 それで、この、2つの要素である、”自由” と”お金”という

 点についてですが、最初の自由については、もう、殆ど

 望み通りとなったので、不満はありませんが、もう一方の

 お金については、なかなか煩悩から抜け出せませんね 笑



 銀行に預けてしまえば、嵩張ることもないので、沢山持っていて、

 それ自体、困ることではない。



 となると、お金はあれば有る程良い、という考えに成り勝ちです。



 10年前なら、株やFXで100万円利益が出たら、さぞかし

 いいだろうなあ、と考えていましたが、今では、100万円どころか、

 1000万円利益になっても満足できない。



 1000万円利益出ているなら、その倍の2000万円にならないと!

 と執着する。



 例えば、1000万円あれば、バンコクで1年間、余裕有る生活を

 十分に送れます。



 別に、利益の額が1000万円から2000万円になったからと

 言って、幸せの度合いが2倍になるわけでもありません。



 さっき食べた、タイ飯ランチは70バーツ。


 資産が殖えたから、この倍を食べられるわけではない。


 毎日フォアグラを食べていたら、自分自身の肝臓がフォアグラみたいに

 なってしまいます  笑




 投資家である以上、日々リターンを追い求めていくことは

 必要なのですが、一方で、こんな煩悩との闘いは、まだまだ

 続きそうですね。

 (といっても、高級車を買いたい、といった物欲は皆無ですが)



 来年のショーのキーワードは、”足るを知る”かなあと

 思っています。


     

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 「文明論之概略」を少しずつ。

   

 

今日の運動


 昨日の反省を踏まえ、ラン60分と筋トレを

 やりました!



    

□今日のシガー


 COHIBA SIGLO 6

 コイーバ シグロ 6


 コイーバ シグロ兄弟で一番大きいシガー。


 こってり脂の乗った和牛焼肉の後で吸いました。


 フルボディ、パワフル、鮨や淡白な和食の後では、

 ニコチン酔いになる位の強さです。



 これに、シングルモルトのグレンモーレンジを合わせたの

 ですが、甘いモルトが絶妙に合い、二人でボトル1本空けて

 しまい、、、翌日は思いっきり二日酔いになりました 笑


     

Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)

厄年の乗り切り方

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


正月あたりに良く聞く言葉に、


 ”今年は厄年ですので、、、”


 というのがあります。



 一般的には、厄の時には、逆風となる場合が

 多いので、無難に過ごすのが良いとされています。


 

 ショー自身、それほど、厄には拘らないのですが、

 サラリーマンを辞めた年は厄にあたっていたので、

 これで迷ったことは確か、です。



 サラリーマンを辞めた2年前の正月、仙台の実家から

 会社がある東京に戻る時、親には、


 ”色々あるけど、今年は厄だから、大人しくしているよ”



 と言ったのを覚えています(といいつつ、その2週間後、

 辞表を出したのですが、、、笑)。



 よりによって、厄年に、安定していた月給生活を辞め、

 何の保証も無い独立を選んだわけですから、基本的には

 無謀です。




 でも、今、こうして、生活できています。



 この時のショーの考え方としては、



 ”厄年に、これだけ無謀な事をやる以上、尋常じゃない位

 頑張らないと、落ちぶれる。だから、猛スピードで駆けて

 いくしかない”



 というものでした。



 今では、かなり緩い生活をしている時もありますが、退社、独立を

 決めてから軌道に乗るまでの1年くらいは、かなりの緊張感で

 毎日行動していたと思います。



 厄だから無難に過ごす、ではなく、厄の時に事を成すには、

 余程の事をやらないとうまくいかない、という発想です。




 厄だけではなく、病気も同じだと思います。



 ショーは、忙しい時には、まず風邪は引きません。


 緊張していて、免疫力が上がっているのでしょう。



 それが、忙しかった状態から解放されてのんびりして、

 風邪とか罹らないように気を付けないと、と思うと、 

 体調を崩す事が多い。。。



 もちろん、日本古来の風習ですから、厄払いとかするのは

 良いと思います。

 日々の生活で落とし穴が無いか、注意することも大事でしょう。



 でも、”厄だから、、、” と万事ネガティブに

 なったり無難思考になるのではなく、逆に猛スピードで獰猛に

 走った方が、上手く行くことは多いと思います。



 けっこう、勢いで何とかなるものです。


    

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 「サーチ」を再読。


 幸せな状態とは? という問いへの答えが

 明確に書かれています。


   

 

今日の運動


 前日飲み過ぎにつき、軽くスイムのみ。。。



    

□今日のシガー


 RAMON ALONESS SUPERIOLES

   ラモン アロネス スペリオール


 ラモンのハバノス限定シガー。


 ショーのつたない経験上では、ハバノス限定版は、

 通常版よりも骨太なシガーが多いように感じます。


 ホヨーのエピキュア デラックス然り。



 ラモンの代表作、スペシャリー セレクテッドと

 同様、強さの中に柑橘系の爽やかさを感じますが、

 まだまだ手強い。。。数年寝かせた方が良さそうです。

 

     
Posted by sendai1171317 at 16:07コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月29日

関係者みんなが、ハッピーにならないと良いものは出来ない

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


先ほど、NHKテレビで、建築家の隈研吾さんがゲスト 

 出演していました。



 世界的な建築家で、歌舞伎座のリノベーションを手がけた

 事でも名高い、現代の名工、です。



 高名な建築家の先生というと、施主の意向は二の次で、

 とにかく、自分の考えを押し通そうとする場合が多い

 ものですが、隈さんは全く違いです。



 実は、ショー自身、以前、隈さんの事務所と仕事を

 させていただいた事があり、隈さんの話を直接お聞きする

 機会がありましたが、先ほど見たテレビでのコメントと

 全く同じでした。



 ”建築家の仕事は、聞き役”



 ”関係者がみんな、ハッピーにならないと、いいものは

 できない”



 これは、言うは易しですが、実行するのは大変です。



 ショーの現在のメインの”仕事”である、バンコクの日本食

 ファンドも同じ。



 ショーの立ち位置は、出資者側、です。あくまでも。



 ですから、目的は、とにかく、出資者に配当を多く

 出して行くことです。



 ここで、実は、かなりの葛藤がありました。



 配当を多く出すためには、出店ペースを急いで、

 どんどん営業していくことが必要でした。



 ですが、昨年後半からのタイの政情混乱を鑑み、

 無理せず、店を開けていくことにしました。



 出資者の方の中には、もどかしい思いを抱いた方も

 いたと思います。



 もし、運営側に、とにかく、出店を急ぐように、と

 指示したら、従ってくれたとは思います。



 お金を出す側の力というのは、奮おうとすれば、

 確かにありますから。



 でも、無理な出店は、現場の士気の荒廃に繋がるものです。



 そのあたりを考慮して、今回は、多少配当の伸びは遅れても

 出店ペースを遅らせてきました。



 そんなこんなで、今月、7店舗目をオープンさせたの

 ですが、既存6店舗は全て黒字営業です。



 ショー自身、満足できる水準にはまだまだですから、

 試行錯誤の毎日。


 現場の状況を見て、スタッフの表情を見て、修正していく

 毎日ですが、今日のテレビの隈さんの言葉を噛み締めて

 行動していこうと思った次第です。



 



 


  


    

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 「鬼手 世田谷駐在刑事 小林 健」 濱 嘉之 著 

 一気に読み終えました。


 もう、濱さんの著書は殆ど読み終えましたが、

 一度、超長編を書いていただきたいですね。

  

 

今日の運動


 午前中にラン40分、夕方ランと筋トレやりました。


 適度な筋肉痛が気持ちいいです。 


    

□今日のシガー


 H.UPMANN MAGNUM 50

   H.アップマン マグナム50


 コイーバ シグロ6と同じ、デカイシガー。


 香港のショップで購入した2008年ものを

 吸いました。


 強さの中に柑橘系の甘酸っぱさもあって、かなり

 の充実感ですが、時折、まだ暴れる感があります。


 チューボ入りで、まだ5年くらい寝かせても

 面白そうです。



   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月28日

助け合いと、自助努力と

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


 最近のバンコクに住む人は、かなり豊かになった感が

 ありますが、フィリピンはまだまだ、ですね。



 マニラのレストランでウエイトレスとして働く日給が、

 300ペソ(約800円)。25日働いたとして、

 月給7500ペソ。



 これでは、一人住まいは無理で、たいてい、ルームシェア

 して住んでいます。


 例えば、月額家賃9000ペソの所に、6名、という感じです。



 すると、一人当たりの家賃は、月額1500ペソ。


 残りのお金で自分の生活、さらに、実家に送金もしている

 場合もあります。



 フィリピンだけではなく、タイでも良く見られますが、

 レストランで余った料理を持ち帰る光景。



 ルームメイトに分けて上げるのです。


 ですから、少しお金に余裕がある人がそうでない人を

 ごちそうする場合、わざと、食べきれない量の料理を

 注文することもあります。



 お互い、助け合いの精神が根付いていて、ほっこりした

 気持ちになります。




 一方で、日本と大きく違うなあと感じるのは、自助努力の

 精神です。



 日本には、”働かざる者、食うべからず” という言葉が

 ありますが、フィリピンでは全く通用しません。



 確かに、怪我や病気などの理由で働きたくても働けない、

 というのならば仕方ないと思いますが、例えば、兄弟の

 旦那さんがかなりお金を稼いでいるなら、とことん、そこに

 ぶら下がる、というケースが非常に多いと感じます。



 どんどん、稼いでいる人に依存する、ということです。


 一方、稼いでいる人は、フィリピンの家族を

 養うために、ひたすら働き続けないといけません。



 そんな事を聞きつけると、”親族”が、どんどん増えていく

 ことも良く聞きます。


 フィリピンでは、5人くらいの兄弟は当たり前。10人も

 珍しくはないですから、そこの従兄弟などが加わると、

 大変な数の”扶養家族”になります。



 それで、もし、稼いでいる旦那さんが、”真面目に働かない

 のなら、援助しない” とでも言ったら、殆どの場合、

 非難されることでしょう。



 家族を養うのは、当然の責任でしょ? という感じで。




 このあたりは、それぞれの国で長い歴史と宗教観などに

 より形成された”常識”ですから、今後も本質的には

 変わらないように思います。



 国に対して、生活保護も、医療費補助も期待できない以上、

 これが現実ということでしょう。


 


    

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 「文明論之概略」を再読。

  年末年始、じっくり読み込もうと思います。


  

 

今日の運動


 午前中にラン30分、夕方再度ランに筋トレを

 やりました。


 


    

□今日のシガー


 MONTECRIST  PETIT EDOMUNDO

   モンテクリスト ペティ エドムンド


 モンテのエドムンドの出来に感心したので、

 弟分のペティ、も試してみました。


 ペティ ロブスト サイズで短い分、

 味わいは強く感じます。


 早くからスパイシーさが際立ちます。


 短時間で満足したい時は、非常に重宝する1本です。  

  

     
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月27日

バンコクのBTSに乗っていて、思ったこと

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


バンコクの街中を走る、BTS、日本人観光客には、スカイトレイン

 とも呼ばれています。


 開業は1999年ですから、今年で15年。



 開業からしばらくの間は、運賃が路線バスよりも割高であることから、

 いつ乗ってもガラガラ、でした。



 目立つのは、外国人観光客ばかり、という感じ。



 それが、昨日乗った時には、平日昼間で通勤時間帯でも

 ないのに、立っている人が沢山いました(とはいっても、

 終日、ラッシュのような香港地下鉄よりは空いています)。




 15年前と比べると、かなり変わったなあ、と思いました。



 一方のフィリピン、マニラ。



 前回のマニラ訪問時、夕方、マカティからホテルがあるマラテに

 戻るのに、どうしてもタクシーがつかまらない。



 1時間待っても拾えそうにないので、タクシーを諦めて、

 ジプニーとLRTという高架電車を乗り継いでいくことに

 しました。



 現地の方からの情報ですと、ジプニーもLRTもスリや強盗に

 注意ということで、かなり緊張して乗ったのですが、結果は

 あっさりと到着(といっても、マカティからLRTの駅まで、

 3KM弱の道のりに1時間かかりましたが、、、)。



 でも、いずれも、ギュウギュウ詰めで、かなり大変な思いを

 しました。



 LRTは、開業当初のバンコクのBTSと異なり、完全に、ローカル市民の

 足になっているので、大混雑なのです。



 バンコクの交通渋滞は確かに酷いものですが、それでも10年位

 前と比べたらかなり改善されました。



 BTSの他、地下鉄のMTRも開通していることも大きいでしょう。



 一方のマニラは、完全に混沌、ですね。



 10年後のマニラが、今のバンコク位、”割と”まともになっている

 かどうか、というと、正直、確信は持てないです 笑




 マカティやグローバル シティといった外国人が生活できる

 エリアのみ重点開発して、他のローカルエリアは、殆ど変わらない

 かもしれない、そんな可能性もあるかもしれないですね。



 



    

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 「ニーチェの言葉」を再読。


 

 

今日の運動


 スイムの他、筋トレの量を少し増やしました。


 年末年始は余裕があるので、筋肉痛になる位

 トレーニングしてみようと思います。



    

□今日のシガー


 MONTECRIST  NO.3

   モンテクリスト NO.3


  昨日のエドムンドと比べると、細身で地味な

 雰囲気のシガー。


 味わいも、驚きという感じではないのですが、

 味わいのブレが少なく、安心して吸える1本です。



 ポートワインや、甘みを感じるモルトとの相性も

 抜群です。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月26日

泥臭い、昭和的な投資

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  

ショーがバンコクに滞在している間、殆ど

 毎日、出資している日本食レストランを廻って

 います。



 3月の1号店開店の時と比べると、今は6店舗となり、

 見る店も増えてきました。



 昨晩、トンローのお店で焼酎を飲みながら店長と話を

 していたら、近くのカラオケ屋のママさんがお客さんを

 連れて来てくれました。



 店長から話を聞いたら、このママさんはもちろん、この

 カラオケ店の女の子が、けっこう、お客さんを連れてきて

 くれている、との事。



 女性読者の方は、殆ど知らないと思いますが、カラオケ屋さん

 では、”同伴” ”アフター” というのがあります。



 同伴は、カラオケ店への出勤前にお客さんと食事して、それから

 お店に行く事。



 アフターは、お店を出てから、やはり一緒に食事する事。



 同伴の場合、食事代はもちろんお客さん持ちですし、さらに、

 食事をしている間の時間も、女の子のフィーをチャージされる

 のが一般的です。



 最近、バンコクでは禁止されたようで全く見なくなりましたが、

 以前は、象があちこちを歩いていて、20バーツ払うと、象使いが

 持っているエサを渡されて、それを食べさせる、というのがありました。



 日本人や欧米人の観光客にはかなり好評でしたが、あれと

 同じようなものです。



 ご飯食べさせてあげて、さらにお金払う訳ですから 笑




 象の話はどうでもいいとして、それなら、日頃のお礼もしないとね!

 ということで、店長とカラオケ屋さんに行ってきました。



 投資家というと、何か、かっこ良い、洗練されたイメージですが、

 ショーがやっているのは、全くもって、洗練どころか、超昭和の世界です。



 昭和の下町の商店街。



 ショーの祖父母は、下町でパン屋さんをやっていましたが、

 必要なものは、全部、ご近所の店で買っていました。



 お茶の時間になったら、向かいの団子屋さんに行き、

 お昼ご飯は斜め向かいのそば屋から出前を頼む。



 一方、ご近所さんは、うちのパンを買ってくれる。



 こんな、”昭和”の世界が、ここ、バンコクには、まだあります。



 投資用語のROEとか、デッド エクイティ スワップなど、

 全く関係ありません  笑




 こんな、超、泥臭い世界なのですが、もはや、日本では

 見られなくなった風景の中で投資するのも、なかなか楽しい

 ものです。



 もちろん、カラオケ行って飲むのも楽しいですが 笑


 

    

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 「夢をかなえるゾウ 2」を再読。


  ギャグの中に真理が書かれているから、素敵です。


  著者の水野敬也さんとは、同じ大学出身ということで、

  以前から親近感がありましたが、早く直木賞を取って

  もらいたいですね。


 

今日の運動


 昼間、軽く泳ぎました。


 明日は、ランニングを久々にやろうと思います。


    

□今日のシガー

  

  MONTECRIST EDOMUNDO

   モンテクリスト エドムンド


 今日の1本は大当たり! ホームラン!


 吸い始めから、モンテらしいコーヒー フレイバーに

 加え、シュークリームのようなバニラのニュアンスも

 強く感じます。


 まだ序盤なので、これから現れるであろう、スパイシーさは

 ありませんが、味の変化がどうなるか、楽しみです。


   
Posted by sendai1171317 at 22:52コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月25日

日本式焼肉は芸術レベルです

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


日本ですと至る所にある焼肉屋さん。


 叙々苑、牛角など有名チェーンもありますし、高級店から

 庶民的な店まで、多種多様です。



 この”日本式焼肉”の源流をたどると、韓国式の焼肉となる

 ようですが、全く別のものになっています。

 (ちなみに、ショーは両方とも大好き、です)



 韓国式のものは、基本的に焼くのは、1種類とか2種類程度。



 豚のサムギョプサルだったら、豚バラのみ、です。


 一方で、日本式ですと、カルビ、ロース以外にも様々な部位が

 あります。



 最初に牛タンを塩で焼いて、その後、カルビやロースやハラミ、

 さらにホルモン類も、という風に一度に沢山の種類を食べる

 というのは、日本式だけだと思います(ショーの経験上では)。


 さらに、肉の部位ごとにカットや切り込みを工夫して、

 もみダレのしみ込み具合を調整したり、タレも一般的な

 醤油ベースの他、塩ダレなど工夫が施された日本式焼肉は

 芸術レベルと言えるでしょう。




 ショーが住んでいるバンコクには、既に沢山の日本式焼肉の

 店があります。



 ショーも、実は焼肉大好き、人間です。



 でも、これまで、バンコクにある日本式焼肉には殆ど行きません

 でした。



 日本式焼肉ですと、和牛でないと、どうしても、日本で食べた

 味わいにはならないのですが、タイでは和牛は高いから、です。



 感覚的には、日本のそれなりの焼肉屋の倍、という感じです。



 それなりに満足するものを食べたら、一人3000バーツは

 余裕で超える感じ。1万円を超えます。



 ちょくちょく日本に一時帰国するショーは、それなら、

 バンコクにいる時には焼肉は我慢して、帰国時に、叙々苑にでも

 行ってたらふく食べようか、という気持ちでした。



 そんな中で、ショー達が出資している日本食ファンドで、

 日本式焼肉屋を始めることになりました。



 思いっきり後発ですから、明確な切り口、差別化要素が

 無いと、全く話しにならないと思います。



 強みは、ズバリ、文句無い旨さの和牛をリーズナブルに、

 です。



 仕入れルートを工夫して、価格は日本よりちょっと高い

 位で抑えました。



 味は正真正銘の和牛ですから、申し分ありません。



 あとは、お客様に認めていただけるかどうか、ですが、

 これは数ヶ月後に判断できると思います。




    

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 「メタ シークレット」を再読。


 

今日の運動


 前日飲み過ぎのため、昼間、軽く泳いだのみ。


    

□今日のシガー

  

  PARTAGAS SERIE  D4

    パルタガス セリエ D4


  パルタガスの中で、ショーツと共に最も頻繁に

 手に取るのが、このD4。



 割と手強い製品が多いパルタガスですが、

 このD4とショーツは若くして吸える点が

 大きなメリットです。


 ムスク、レザー、土のニュアンスが特徴的で、

 5年くらい熟成させたものを吸ってみたいですね。


   
Posted by sendai1171317 at 19:34コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月24日

結局は、ハンドキャリー

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ  


例えば、日本や香港に置いてあるお金がタイで必要、という

 時、殆どの場合、ハンドキャリーをしています。



 日本から持ち出しの場合、100万円相当以上の場合、申告

 すれば問題ないですし、香港は申告不要です。



 ショー自身も、海外投資を始めたばかりの頃は、まとまったお金を

 ハンドキャリーするのは、かなり緊張しました。



 でも、3年間で、紛失や盗難には遭っていません。



 とはいえ、紛失する可能性は無いとはいえません。



 それでも、ハンドキャリーする理由は、2つあります。



 ひとつは、海外送金手数料、着金手数料。


 例えば、香港からタイの銀行に送金という場合、送金金額の

 6%程度差し引かれて入金となります。



 これでは、年率5%くらいで回る投資をしていても、全部

 吹っ飛んでしまいます。



 1000万円送金したら、60万円差し引かれる。。。


 だったら、用事がある時、ついでにハンドキャリーすれば

 いいし、なんなら、ハンドキャリーのためだけに渡航しても

 いい位です。香港バンコク間は往復5万円もあれば、十分

 ですから。



 もうひとつの理由は、100%確実に、速やかに着金するとは

 限らないから、です。



 当たり前ですが、タイに送金するというのは、タイで資金が

 必要だから、です。


 不動産しかり、事業資金の払い込み、なり。



 払い込みには期限がありますから、これが銀行側の都合で

 遅れたら、非常に困ります。



 実際に、着金が大幅に遅れ、結局、香港まで資金を取りに

 行かざるを得なくなったケースもあります。。。



 そんなことから、結局は、ハンドキャリーで現金を運んで

 いるわけです。



 (余談その1)

  送金ではなく、ハンドキャリーにしている、もっと深い

  理由もあるのですが、これは会員のみに伝えています。。。



 (余談その2)

  フィリピンへの多額の現金持ち込みは、強くお勧めしません。

  現地の日本人からも、控えるように言われています。


  危険だからです。



  以前、日本から2千万円強をタイに持って来る必要があり

  ましたが、どうしても、マニラ経由の飛行機でないと間に合わない。。。


  同日のマニラ空港での乗り継ぎにしたのですが、ターミナルが

  別となり、一度入国して、シャトルバスに乗って1時間ほど

  渋滞の中を別のターミナルに向かい、もう一度出国手続き、という

  ことで、非常に面倒でした。無料のシャトルバスが渋滞で来なくて、

  代わりに20ペソ必要なバスを案内されましたが、かなり不安な

  気持ちになったものです。。。



  さらに、出国の際の手荷物検査で、札束をバッグに入れていた

  ことから、手荷物のチェックを徹底的に受けました。


  入国時、ちゃんと、申告をしていたので大丈夫でしたが、

  もし忘れていたら、、、、



  もう、二度とやりたくないですね。。。


   

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 漫画「海賊と呼ばれた男」2巻まで読みました。


 かなり面白いですね。


 そういえば、出光が昭和シェル石油を買収とのニュースを

 見ましたが、全く違う社風の会社です。今後が興味深い

 ですね。


 

今日の運動


 朝起きて、プールに行こうと思いましたが、気温20度ちょっと

 では、冷たくて無理。。。


 11時過ぎ、日が照ってきたので、軽く泳ぎました。



    

□今日のシガー

  

 PUNCH PUNCH PUNCH

 プンチ  プンチプンチ


 ショーがストックしているシガーの中では、ラモン アロネス

 と同様に個体差がかなりあるのが、この、プンチ。


 全般的に巻きが固いので、吸い込みがきつく、どうしても

 雑味が感じられるのですが、今日の1本は当たり!


 フルボディで、常にスパイシー。


 カレーとかタイ料理など、常識的には、シガーに合わないと

 言われている食事の後でも対応してくれそうですね。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月23日

いかにもフィリピン、な、空港ビル

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


マニラの空の玄関口 ニノイ アキノ 国際空港。



 4つのターミナルに分かれていて、乗り継ぎが不便で、

 世評的に非常に評価が低いのですが、実際の所、

 本当に酷いです 笑



 さきほど、バンコクに戻るタイ航空便のチェックインを

 済ませて、ラウンジに着いたのですが、タイ航空が使用

 しているターミナル1は、アジア主要国の中でもぶっちぎりの

 ワーストではないでしょうか。



 いつも改修工事をしているのですが、改修後、決して

 良くなっていないのが、フィリピンぽいです 笑



 一応、550ペソの空港税を支払っているのですが、清掃が

 行き届いていない通路を歩いていると、かなり悲しい気持ちに

 なります。



 一方で、最新の建物である第3ターミナルは外観に限っては、

 綺麗で良い感じです。



 国際線の出国に使うのはいいと思います。


 ただし、国内線はかなり辛いです。



 セブ パシフィックの国内線が使用しているのですが、

 今まで、定刻通りで出発したことがありません。



 それで、搭乗時間のアナウンスが頻繁に流れるのですが、

 これが非常に煩いのです。


 頻繁というより、常にアナウンスされていて、耳が

 痛くなってきます。


 そして、ディレイの連続で、ベンチも一杯の人で溢れかえって

 います。



 建物は新しいのですが、中はカオス、なのです。



 それと、到着の面では、ショーの経験上では、ターミナル3は

 最悪、です。



 タクシーの待ち行列がいつも長いのです。



 雨期の夕方の到着便ですと、1時間待っても乗れないのではないか、

 と思うくらいです。



 こんな感じで、マニラの空港はかなり酷いので、何とか良い

 攻略法はないかと思っていたのですが、かなりギブアップ状態です 笑



 その国の実情を判断するには、空港を見ろ、という説がありますが、

 確かに正しいですね。



 中国のような社会主義国を除いては、大体、判断が付きます。



 フィリピンは、日本と比べたら無政府状態と言えるでしょうね 笑


  

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 マニラからバンコクへの機内で、映画を見ます。



 

今日の運動


 バンコクの自宅に着いたら、プールで泳いで

 凝りをほぐそうと思います。


    

□今日のシガー

 

 Romeo Y Julieta Exhibicion No.4

 ロメオ Y フリエタ エキシビションNO4


  ロブストとほぼ、同じサイズ  。


 ロメオでは、ほぼ同じサイズで、ショート チャーチルを

 販売していますから、当然違う味わいかと予想しました。


 結論、ショーには強過ぎて、吸いきれませんでした。

 終盤は、ニコチン酔いでフラフラした位。


 多分、個体差と体調によるものと思うので、いつか、再

 トライしようと思います。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
2014年12月22日

年末年始は、働いてみよう

応援クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ  


 日本はもうすぐ、年末年始休暇となります。


 おそらく、大方の会社が26日金曜日が最終日。


 仕事始めは5日から、というのが多いのでは

 ないでしょうか。



 約1週間の年末年始休みを利用して、普段行けない

 海外旅行をしたり、帰省をしたり、有意義に過ごすのは

 とても大事だと思います。



 ショーのメールボックスにも、年末年始の休暇のお知らせ、

 というメールが続々入ってきています。



 ちなみに、ショーですが、年末年始はバンコクで過ごし

 ますが、けっこう仕事をする予定です。


 為替相場はやっていますが、戦争以外は、大きなトピックスは

 ないでしょう。


 株式相場は休み、です。


 相場も無い中で、じっくり、来年やることを考えたり、

 執筆などアウトプット系の仕事をしようと考えています。



 なんで、こういう風に考えているかというと、単純に、

 今、やっている仕事が楽しいから、です。



 サラリーマン時代は、休みの日は、現実から逃避することに

 ”専念”していました。



 ですから、休み明けが近づいて来ると、ブルーになります。


 でも、今は違います。


 自己資金でやっている投資も楽しいですし、バンコクの日本食ファンドも

 楽しい。この原稿執筆だって楽しいです。



 別に、社会の”常識”通りに、休みにする必要性はないのです。


 今、やっている事が楽しいのですから、逃避したくないのです 笑



 無理は続きませんが、仕事で成功したい、お金を稼ぎたいなら、

 出来る限り多くの時間を費やした方が上手くいく確率は高まります。


 投資も仕事も100%成功するなんて、ありえません。


 ですが、時間を沢山投入すれば、それだけ、成功確率は上がります。



 ”1日30分とか1時間で、ラクラク月収100万超え!”と

 言ったセールスレターに魅力を感じている人は、いつまでたっても

 そういった情報商材の餌食、です。



 もし、情報商材の中で、”睡眠時間6時間と食事2時間以外の

 1日18時間を費やさないと、このプログラムでは成功できません”

 と告知しているものがあったら、是非見てみたいです。


 ショーの経験上では、見た事はありません。



 そんなもの、誰も買わないから、です。



 殆どの人は、ラクをして、時間をかけずに、リスクも取らずに

 成功したいと思い、成功しないまま、人生を終えていきます。



 もし、来年は仕事で成功したい、お金をもっと稼ぎたい、と

 考えているなら、元旦の1日だけでもいいので、働いてみると

 いいと思います。



 

 


 

              

------------------------------------------------------------------



今日の読書


 漫画「海賊と呼ばれた男」を読み始めました。


 バンコクの出資先の会社で働いているタイ人男性に、

 どのように日本語を覚えたの? と聞いたら、少年

 ジャンプ、だそうです。


 紀伊国屋書店で、1冊200バーツ(約700円)で

 買って読むそう。


 ショーは、普段、殆ど漫画は読まないのですが、日本が

 世界に誇るコンテンツ、ということを再認識しました。



 

今日の運動


 ウォーキングシューズを履いて、一時間弱、

 マニラの街中を散歩しました。


    

□今日のシガー

 

 FLOR FIDA CHOCOLATE CAPRICHOS

   フロール フィーダ チョコレート カプリチョス


 フィリピン産のシガー、フレイバーシガーという、

 香料が足されたものですが、フィリピン産タバコ葉100%。


 1本20分もあれば吸い切れるサイズなのと、

 思いのほか、人工的な味わいではないので、かなり

 気に入りました。バンコクで吸う分を買い込んでいこうと

 思います。


   
Posted by sendai1171317 at 18:00コメント(0)トラックバック(0)
<<⑩あなたのメルマガ登録フォーム>>
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Blog