2013年04月30日

【HSBC香港】 HSBC香港の歩き方!

ショー自身、口座開設のサポートをやっていますし、メルマガやブログ読者の方から沢山のご質問をいただいています。そこで、特に多い質問とその答えをまとめてみました。あなたにも必ずご参考いただけると思います。


レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

プロフィットせどり

レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

バンコク

  

Posted by sendai1171317 at 21:00コメント(0)トラックバック(0)

距離というマインドブロックをぶち壊す

スタンダードライフ HSBC香港からはじめた海外投資家ショーです
いつも応援ありがとうございます。
たまに応援クリックいただけるとうれしいです! 


人気ブログランキングへ


先日、東京でショーが所属している投資クラブ

”フレンズフレンズ”の会合がありました。

 

 

 

フレンズフレンズの中でも、限定の会でした。

 

 

 

入会金250万円で返金無し、というものですので、

相当なリスクテイカーであり、そして変人(笑)の

集まりです。

 

 

 

こちら、東京での開催でしたが、全国から会員が

集まってきました。

 

 

ショーともう一人の海外移住会員も入れると、2人は

海外から参加、ということになりますね。

 

 

 

チームショーのクルーも一人は秋田、一人は仙台から

の地方参加者がいました(※チームショーの会員になれば、

フレンズフレンズの入会資格もできます)。

 

 

 

 

東京以外に住んでいると、東京に出るというのは

確かに大変です。

 

 

 

時間もかかるし、交通費、宿泊代もかかります。

 

 

 

 

そこで、”東京だからムリ”となってしまうのは、

仕方ない部分あります。

 

 

 

でも、成果を出している人は、この距離を克服

しているものです。

 

 

 

確かに東京に出向くのは大変なのですが、逆に

その分、セミナーは一生懸命話しを聞きますし、

懇親会では講師と出来るだけ接しようとします。

 

 

元は最低取ろう、という風になるのですね。

 

 

 

 

さらに、一度、この距離というマインドブロックを

ぶち壊すと、その後、自分に言い訳しないように

なります。

 

 

こちらの方が大きいメリットです。

 

 

 

”家族がいるから”

 

 

 

”給料が低いから”

 

 

 

 

”投資経験ないから”

 

 

 

などなど、出来ない理由を自らリストアップして、

行動しない自分を正当化するのは、実に簡単な

ことです。

 

 

 

 

ですが、最初は大変でも、ひとつづつ、自らが

作り上げたマインドブロックをぶち壊していくと、

どんどん道が開けてくるようになります。

 

 

 

かなり昔の話ですが、ショーが高校3年生の時の事です。

 

 

 

 

仙台の高3の夏。東京の駿台予備校の”慶大英語”という

夏期講習のため、10日間くらい上京しました。

 

 

仙台育英という野球で有名な高校に通っていましたが、

まだ先輩で慶應合格という実績が無かったので、何も

かも手探りだったのです。

 

 

 

その講座は後で判ったこととしては、特に有名講師という

わけでもなく、講座自体の選択としては、? なもの

だったのですが(笑)、わざわざ東京まで出向いて正解だった

と思っています。

 

 

 

それは、

 

 

わざわざ東京まで行ったのだから、絶対に合格しないと

 

 

 

という気持ち、覚悟が出来たからです。

 

 

 

あとは、これは今日の本題ではないですが、”セルフ

イメージの向上”という点でも大きかったですね。

 

講座が終わって、神保町から川崎の下宿先まで帰る途中、

ほぼ毎日、都営三田線の三田駅で途中下車し、慶應三田

キャンパスに”通学”しました。

 

 

そして、”半年後、絶対にここに合格している”と

イメージしたのです。

 

 

大学生協でマグカップを買って、秋以降の追い込みの

勉強の時、そのマグカップでコーヒーを飲んでいました。

 

 

 

話を戻します。

 

 

 

こんな余談も、”わざわさ”距離があったから、活きてきた

ことだと思うのです。

 

 

そして、距離というマインドブロックをぶち壊すと、

それ以降に出てくるブロックも、どんどんぶち壊せる

ようになってくる、というかそれが快感になっています。

 

 

 

”地方に住んでいるから”というだけで、止まってしまって

いる人との差が、こうしてどんどん開いていくわけですね。

 

今日の読書

 

香港マカオ投資ツアーのため、お休みです。

 

 

 

今日の運動

 

今日はマカオの自宅滞在ですので、ジョギングか

スイミングを少しやろうと思っています。

 

 

 

 

 

□今日のシガー

 

PARTAGAS SERIE  D5

  パルタガス セリエ D5

 

セリエシリーズで一番短いものの、太くて

たっぷりとした煙量を楽しめます。

 

スパイシーなパルタガスらしさいっぱいですが、

あまり時間がないな、という時にぴったりです。

 

ショーツではちょっとなあ、という時にぴったり

という感じですね。

 

   

【HSBC香港】 預金だけではなくてこんなことも出来ます!

HSBC香港では、日本の銀行が提供している預金商品以外でも、沢山の投資商品が販売されています。

その大部分がインターネットで買えるので、とても便利です。

そんな、便利でおトクなサービス内容をご紹介しています!


レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

プロフィットせどり

レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

海外投資

  
Posted by sendai1171317 at 11:00コメント(0)トラックバック(0)

【海外旅行】 正規料金でも安くおトクに航空券を予約する方法

これは、ANAやJALといった航空会社のウェブサイト、つまり正規料金 でも出来る方法なんで、安心いただけると思います。

ぜひ、この方法を使って、楽しく、かしこく、旅行してくださいね!


レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

プロフィットせどり

レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

HSBC

  
Posted by sendai1171317 at 07:01コメント(0)トラックバック(0)
2013年04月29日

【HSBC香港】 無料で口座開設する方法

香港の銀行口座、代表格はHSBC香港ですが、この開設を希望する方の多くは、いわゆる 口座開設サポート業者を使っています。

もちろん、サポート費用がかかります。安い所で、2万円程度から、多くは3万円くらいで、高いところ は5万円以上、航空券とホテルをセットで20万円以上!、というところもあるようです。


ですが、口座開設は自力でもできるのです! ではどのように手続きすれば良いのでしょうか?詳細をまとめてみました。


レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

スタンダードライフ

  
Posted by sendai1171317 at 21:00コメント(0)トラックバック(0)

株は2倍になったら半分売る

スタンダードライフ HSBC香港からはじめた海外投資家ショーです
いつも応援いただき、ありがとうございます。
たまに応援クリックいただけるとうれしいです!


人気ブログランキングへ


株は2倍になったら、半分売る

 

 

これは、邱永漢さんの教えでもあり、ショーの師匠の

教えでもありますね。

 

 

 

購入した株が、幸いなことに、買値の2倍になった場合です。

 

 

 

 

この考えはあくまで目安です。

 

 

 

相場の状況などにより、絶対にこうすべき、というものでは

ありません。

 

 

ただ、判断が付かない時の、ひとつの基準としておくといいかなと。

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

持ち株の半分を売ってしまう

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

持ち株の半分を売れば、購入に要したお金は

戻ってきます(厳密には税金、手数料が発生しますが、

説明を簡略化させていただきます)。

 

 

 

そうすれば、これから後は、仮に残った株の価格が

ゼロになっても、元本はキープされたままとなります。

 

 

 

ですから、元本が減る事に対して、大きなストレスを

感じてしまう方に、特にお勧め出来る方法なのです。

 

 

 

 

そして、ショーが好きなのは、この先です。

 

 

 

残った株は、もう、タダで手に入ったようなもの

ですよね?

 

 

 

そうです、”タダのお金”というものです。

 

 

 

 

タダのお金ですから、このお金を使って、ハイリスクな

投資をする、というのはアリだと思います。

 

 

 

タダの株の一部を処分して、別の案件に投資するのも良し、

あるいは、現物株を担保にして信用取引を手がけるのも

ありでしょう。

 

 

 

日本人で信用取引というと、お金が不足している人が

目一杯レバレッジを掛けて、というのが多過ぎです。

 

 

全く逆で、余裕を持った状態でやるものです、信用は。

 

 

 

 

ちなみにですが、今、ショーがメインとしている株投資は、

元本の4倍以上になっていますが、全く売っていません。

 

逆に買い増ししている位です。

 

 

 

 

現時点であれば、元本回収のためには4分の一を売れば

いいのですが、もう少し先かなと。

 

 

もし、5倍になれば、5分の一だけ売ればいいし、さらに

上がればもっと少ない株数で良い、つまり”タダの株”が

増えるということになります。

 

 

 

もっとも、これは、全部、自分でリスクを取ってやって

いることです。

 

 

ただ、ひとつの基準として、”倍になった半分売る”というの

を持っておけば、そこから先は、自分の裁量、判断に基づけば

いいということですね。



今日の読書

 

今日は香港ツアーですので、お休みです。

 

 

 

今日の運動

 

こちらもお休みですね。

 

 

 

 

□今日のシガー

 

PARTAGAS SHORT

  パルタガス ショーツ

 

もう、2回か3回目の登場ですね。

 

パルタガスの短く、細いちびっこシガー。

 

30分、40分くらいしかない、でも、

本格シガーの味を楽しみたい、という時には

最高ですね。

 

小さい分、熟成も早く、購入してすぐでも美味しく

吸えるのもメリットです。

 

   
Posted by sendai1171317 at 18:30コメント(0)トラックバック(0)株式

【HSBC香港】 HSBC香港ATM操作方法マニュアル2012年10月最新版

わたくし、ショーが実際に香港の銀行のATM機を撮影してきました。実際の機械の写真入りですから、これさえ見れば操作方法が簡単に判りますよ。引出し、残高照会、預金はこれでバッチリです。

英語表示画面の日本語訳も付けています。
これをプリントして、ATMに持っていけば、香港のATMは もう怖くありませんよ!

レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

サラリーマンリタイア

  
Posted by sendai1171317 at 11:00コメント(0)トラックバック(0)

【海外旅行】 海外ホテルを5千円安く泊まる方法




あなたは海外のホテルを予約する際、どのような方法を取っていらっしゃいますか?

大きく分けて、2つの方法があると思います。

ひとつは、日本の旅行代理店の店頭で予約。
もうひとつは、自分でネットで予約。


一般的には、自分でネット予約した方が安く予約できますが、このネット予約においても、大きな料金差があります。

これを知るか知らないかで、1泊数千円の違いが出てきますから、是非、ご一読して、実践してみてくださいね!


>> レポートはこちらからダウンロードして下さい

レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

バンコク

  
Posted by sendai1171317 at 07:02コメント(0)トラックバック(0)
2013年04月28日

【HSBC香港】 HSBC香港で陥りがちな間違い、急所を10項目ピックアップしました

この”急所”でつまづいている方は、本当に多いです。

いま、HSBC香港を持っている方だけでなく、これから考えている方にも、ぜひ、ご一読いただきたいレポートです。


レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

スタンダードライフ

  
Posted by sendai1171317 at 21:05コメント(0)トラックバック(0)

最初の転職をした真の理由

スタンダードライフ HSBC香港からはじめた海外投資家ショーです
いつも応援ありがとうございます。
たまに応援クリックいただけるとうれしいです!


人気ブログランキングへ


少し前の記事で、6年間勤めた仙台の新聞社を

退社して転職したことを書きました。

 

 

理由としては、海外で働く経験をしてみたい、

ということを書きました。

 

 

これは嘘ではないのですが、実はもっと大きな

理由がありました。

 

 

 

そのきっかけは、

 

 

父親のリストラ

 

 

 

です。

 

 

ショーの父親は一部上場企業のゼネコン勤務の

管理職でした。

 

 

ショーが物心ついたころは、高度成長時代、そして

バブルの流れ、ということで、それは羽振りのよい

ものでした。

 

 

 

ショーが小学生の頃、まだ父は課長になるか、ならないか

位だったと思います。

 

 

でも、ちょくちょく、会社の黒塗りがお迎えに来る、

という感じでしたし、毎晩、会社のお金で接待

(と称する飲食ですね 笑)、そして、当然、寿司折り

なんかの土産を持って帰ってきたものです。

 

 

 

そして、父は慶應大卒で、サラリーマン。

 

 

ショーも自然と、

 

 

”一流大学、いや、早慶以上の大学を出て、一流企業に

就職できれば、人生の勝ち組になれる”

 

 

その思いで、必死で受験勉強して父と同じ慶應に

入ったわけです。

 

 

 

その時点で、人生の ”半分” 勝者、という認識です  笑

(その後、時代が大きく変わることを、その時点では

全く考えていませんでした)

 

 

 

そして、就職活動では、第一希望は商社でしたが、

相当なめた学生生活を送っていたので、内定をもらえず、

でも、地元仙台ではトップの会社に就職したわけです。

 

 

入社日の晩、役員さんとの会食で言われた、

 

 

”うちに入社したなら、定年まで安泰だから、

安心して働きなさい”

 

 

という言葉は今でも忘れません。

 

 

※これは、決して、今あるような、ブラック企業の

社長の言葉ではないです。

 

至極まともな役員さんでした。

 

実際、その会社で勤め上げた人は、それはそれは

死ぬまで会社が面倒見てくれる”良い”会社だったのです。

 

その当時の常識だったんですね。

 

 

 

 

入社時点では、バブル経済は崩壊していました。

 

でも、今よりは、ずっと景気は良かったですから、

相変わらず、父もサラリーマンとしての役得を十分に

エンジョイしていました。

 

 

 

風向きが変わったのは、ショーの入社3年後でした。

 

 

父がリストラされたのです。

 

 

とは言っても、今行われているような、退職勧奨といった

厳しいものではなく、地方営業所への異動というものでした。

 

 

 

今のリストラよりは、はるかに”優しい”ものです。

 

 

ですが、父は耐えられなかったようです。

 

 

プライドが傷つけられたのでしょう(何の裏付けも無い訳

ですが、、、 笑)。

 

 

 

それで、しばらくして、自ら願い出て退社、小さな

設計事務所に転職しました。

 

 

でも、そこも、すぐに辞めました。

 

 

それまで、”一部上場の部長”という看板で仕事を

してきたものですから、名刺が変わっただけで、

外での扱いが違う。

 

以前は無かったような門前払い、とかもあったようです。

 

 

仕事の後、飲みに行くのも、以前は高級寿司店で

会社持ち、だったのが、一杯飲み屋で割り勘、自腹。

 

 

 

これで、さすがに、それまでの”プライド”に根拠が

無かったことを理解したようです。

 

 

 

そして、うつ病になりました。

 

 

 

 

一方、ショーは、楽しいサラリーマン生活を謳歌して

いたのですが、そんな父の姿を見て、相当考えさせ

られました。

 

 

 

”いずれ、我が身だ”

 

 

 

と。

 

 

ショーが勤めていた会社は、地元の新聞社で、

地方の新聞社というのは、たいていひとつの県に

1つしかない、”独占企業”なのです。

 

 

周りからは、”河北は独占企業だからいいよな”

 

 

と羨望とも嫉妬とも取れる事を言われたものです。

 

 

 

ですが、元々、あまのじゃくのショーは、逆に

思いました。

 

 

 

”このまま、この会社にいたらヤバい。

もし、突然、荒波に投げ出されたら、

生きていけない”

 

 

 

そう感じたのです。

 

 

 

独占企業での働き方というのは相当ゆるいです。

 

 

 

ショーの仕事は広告の営業でしたが、仮に

自分が相当酷い態度で営業していても、

広告主は、その新聞に広告を出さざるを

得ないのです。

 

 

ショーは、そのような環境で10年、20年、と

勤め上げていくうちに、間違いなく、世間一般

では通用しない仕事しか出来ないと確信しました。

 

 

もちろん、当時の社内でも尊敬できる上司や

同僚は沢山いました。

 

 

でも、自分は、環境に影響されてしまう弱い人間です。

 

 

だから、ずっといたら、ヤバい、そう思っていました。

 

 

 

 

確かに、今でもその会社はつぶれていません。

ちゃんと存続しています。

 

 

 

でも、25歳の時点で、あと10年以上、その環境で

働き続けて、そこから荒波に出るというのは、絶対に

不可能、そう判断して、28歳で最初の転職をした

わけです。

 

 

かつての父が繰り返し言っていたこと、

 

 

”一流大学出て、一流企業に入ったら、一生安泰だ”

 

 

それが、自分自身の所で崩れさってしまったことは

相当ショックだったのではないかと思います。

 

 

こんな感じで転職したのですが、この12年後、

まさか、サラリーマンを辞めて、投資で生活している

とは夢にも思いませんでした。

 

 

当時の考えは、

 

 

”転職市場での価値を上げていく”

 

 

ことに懸命で、あくまで、

 

 

”どれだけ良い会社に雇われる人材になるか”

 

 

がポイントだったからです。

 

今日の読書

 

「MAKERS」を引き続き

 

 

 

 

今日の運動

 

今日は夕方から香港へ移動で運動は厳しいです。

 

成田への移動前に、サウナでも入ろうかな

 

 

 

 

 

□今日のシガー

 

PARTAGAS SERIE  D4

 

前日も吸いましたが、これは、製造後

1年位でも十分に楽しめるのです。

 

 

ロブストサイズという太いもので、1時間くらいの

スモーキングタイムです。

 

昔は、チャーチルサイズという2時間くらいかかる

ものが主流だったようですが、時が流れ、忙しく

なった、ということなのでしょうね。

 

 

   
<<⑩あなたのメルマガ登録フォーム>>
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Blog